加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

岐阜県垂井町 竹中半兵衛菩提寺 曹洞宗禅幢寺

2013年09月17日 | 神社、仏閣、城

岐阜県垂井町 竹中半兵衛菩提寺 曹洞宗禅幢寺

戦国時代 二人の智謀の軍師がいた
" その男、天下に秘する野望あり " と唱われた 智謀の将、、、黒田官兵衛 と美濃のうつけ者と
言われた
竹中半兵衛である

竹中半兵衛は兵庫県の三木城水責めの作戦中に三木で病死する その後 菩提を弔うため
この禅幢寺に埋葬された

Zendo_2

禅幢寺は 明応 三年 ( 1494年 ) 開基 曹洞宗の寺

Zendo_3

本堂は開基のままの姿、

Zendo_4

戦国の世を動かした 智謀の軍師 ここに眠る

参考 現地説明文

Zendo_1

 

              ホームページ   加藤のひとり旅に戻る



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岐阜県垂井町 木曽川水系岩... | トップ | ダム番外シリーズその19 岐... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL