加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

長野県高山村 信濃川水系松川 雷滝

2012年11月08日 | 渓谷、滝めぐり

長野県高山村 信濃川水系松川 雷滝

松川は高山村と群馬県との県境にある横手山に源を発すし、松川渓谷を作り、高山村内を流れ
千曲川に合流する流路延長 26.4kmの一級河川です

Kaminari_5 雷滝 「裏見の滝」

信濃川水系松川

落差  30m
川幅  29m

滝の裏側が洞窟になっている
別名 「裏見の滝」 とも呼ばれる

洞窟に祀られるお不動様



Kaminari_2

裏側から見た落水

雷滝
松川本流が雷鳴のように轟音を立てて落下しているので「雷滝」といい滝の裏側を通り見れる
事から 別名 「裏見の滝」とも言う
落差 30m    川幅 29m  左の岸壁の高さは 約 40m ある 
この滝は硅化されて硬くなった凝灰角礫岩で松川の浸食でできたものである 滝口は流路の変化によって
変わっており浸食されていく様子を見る事が出来る。

                                現地案内看板より

Kaminari_3

Kaminari_1 Kaminari_4



           ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長野県松本市 信濃川水系梓... | トップ | 長野県高山村 信濃川水系松... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL