加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

茨城県つくば市  国土地理院 地図と測量の科学館

2010年11月24日 | 科学館、天文台

茨城県つくば市  国土地理院 地図と測量の科学館

地図と測量の科学館

Chizu_7

場所    茨城県つくば市北郷

国土地理院    →    http://www.gsi.go.jp/MUSEUM/

筑波学園都市の北の外れに国土地理院の 地図と測量の科学館がある
筑波山を背に大型のパラボラアンテナが目を引く
敷地内には重力測定館がありこの地点の重力を測定している

Chizu_2    Chizu_5 

書店では目にすることのない色々な地図が展示
能登半島沖地震による地殻変動を精密に記載した地図

Chizu_4     Chizu_3

ラウンジは二階までの吹き抜けとなっていて明るく広々としている 
地図や航空写真が展示されている地図のギャラリー展示室 
国土地理院が提供している各種の地図の展示室

Chizu_6

星が伝える大地の動きつくば VLBI観測局

茨城県つくば市北郷 1番
型式 カセグレアンテナ
直径  32m
重量  550Ton
完成  平成 10年 3月

Kokudo_1
         
 VLBI観測局の説明  http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/vlbi/ja/facilities/tsukub32.html

Chizu_1

君も地上 300Kmの巨人だ !!

これは地図と測量の科学館の地球広場に作られた 1/20万の地球儀です ( 全地球の 3% )
写真の模型は、つくば市を中心とした半径 2,200Kmの範囲を切り取った地図の一部で、
直径 21.5m 高さ 1.86mの 1/20万地勢図です。  
これは丁度、地上 300Kmから見ているのと同じです。

写真 手前の地球儀から 地球が 1秒間に自転する距離が歩けます
東西方向には 25.01m    南北方向には 30.82m
なぜ 1秒の移動距離が 東西と南北で違なるかは 考えてください

地図を作成するには航空機は必要な機材である
国土地理院で使用している航空機 「くにかぜ」

Kokudo_2



     ホームページ  加藤のひとり旅に戻る


参考資料

くにかぜ 説明看板

Kokudo_3

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岩手県釜石市  鉄、海の科学館 | トップ | 千葉県成田市  成田空港 / ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ケノーベルからリンクのご案内(2010/11/25 08:48) (ケノーベル エージェント)
つくば市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。