加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

岡山県 石英斑岩の地蔵岩と地蔵堂

2010年03月09日 | 地殻変動、断層、クレーター

岡山県矢掛町

国立岡山天文台の隣に地蔵岩ヤッホー公園と呼ばれる散策公園がある公園の一角に
地蔵岩と地蔵堂が建立されている。

地蔵岩

Gizou_1

地蔵岩は高さ約 45m 南北約 120m 東西約 50m  上敷面積約 300m 2  方丈節理によって
方形に割れた石英斑岩( 通称 涼紋岩 ) の一大露出であり、 その形から 「豆腐岩」と呼ばれ
親しまれている
石英斑岩は、岡山県中・南部に広く分布する岩石で、中生代・白亜紀末 ( 約7千万年前 )に
形成 されたと云われている。

Gizou_2

方丈節理により方形に割れていく まさに「豆腐岩」である 見る人により人形の顔、お地蔵さんの顔、
恋人の顔 ?

画面を少し離れて見ると 豆腐岩の右側に 目、鼻、口が連想できる。 加藤には女児の顔に見える。

地蔵堂

Gizou_4 Gizou_5

地蔵岩の真下に拝み堂が祀られている 奥の院 御滝地蔵堂への石段の上、洞窟の割れ目に奥の院 
御滝地蔵堂はある

Gizoumap


                 ホームページ   加藤のひとり旅に戻る


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新潟県 独立岩峰 「八木ヶ鼻」 | トップ | 淡路島 岩屋港 「絵島」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL