加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

岐阜県下呂市  厳立峡 三ッ滝 

2011年04月08日 | 渓谷、滝めぐり

岐阜県下呂市  厳立峡 三ッ滝、唐谷滝、あかがねとよ滝

岐阜県下呂市小坂町に御岳山が噴出した溶岩流が固まり、日本一の溶岩台地を形成した
岐阜県と長野県の県境にそびえる御岳山( 標高 3,067m ) の火山活動初期の噴出物である

摩利支天溶岩が流れ下り形成された日本一の溶岩台地。

Mitu_4  

御岳山 ( 標高 3,057m ) の火山活動の噴出物である摩利支天山第六溶岩が、兵衛谷の
渓谷に沿って およそ 17km流下しつつ形成された、いわゆる「押出し」の末端近くに発達した
両輝石安山岩の柱状節理です

三ッ滝

厳立の末端近くにある滝

Mitu_2


Mitu_1


あかがねとよ滝

Akagane_1

あかがねとよ滝   14m

唐谷滝

Kara_2


柱状節理が美しい

Kara_1

滝谷滝  15m

           ホームページ   加藤のひとり旅に戻る


参考資料

Mitu_5






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富山県立山町 落差日本一 ... | トップ | 北海道弟子屈町  摩周湖 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL