加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

大分県豊後大野市  沈堕ダム

2012年02月26日 | 日本のダム

大分県豊後大野市  大野川水系大野川  沈堕ダム

沈堕ダムは 提高が 5.5mである 分類からいえば取水堰、堰堤であろう
しかし、 100年過ぎても尚、現役で役立つ姿に 敬意をもって 「沈堕ダム」と
呼ばせてほしい。
 
Chinda_3 諸元
大野川水系大野川
目的 発電
型式 堰
提高    5.5m
提頂長  115m
総貯水量    ?
事業主 九州電力株式会社
施工者
着工 /  完工 /1909
発電所 九州電力㈱沈堕発電所
      最大出力   kw

この大分は加藤にとって懐かしい地である、今から40年前 新日鉄㈱大分製鉄所の
第二高炉( 当時、世界で2番目の大きさ)建設で 足掛け 2年滞在した。
もっとも当時は風物より、" みやこまち" 見学が多かったが、、、、。

Chinda_1  
   
沈堕の滝と沈堕ダム

Chinda_2

手前の廃墟が明治 42年 ( 1909年 ) 旧:豊後電気鉄道㈱が建設した沈堕発電所跡

             ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

参考資料  現地説明文

Chinda_4

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大分県豊後大野市  川辺ダ... | トップ | 大分県豊後大野市 沈堕滝と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL