加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

日本の時間中心(芯) その 2

2009年12月22日 | 子午線の旅

明石から日本のヘソ公園へ

経緯度 135/35 日本のへその旅

Sigo_n 

第二神明道 明石SA
兵庫県明石市

明石市の 東経135度線は 明石市天文館を通っている この明石SAは子午線から 4Km程離れているが
この明石SAが一番近いとの理由か ここに135度の標識がある。

Sigo_4 Sigo_7

明石サービスエリヤへ E135ようこそ          日時計 熱いので触らないで下さいの文字

日本のへそ公園   兵庫県西脇市

この日本のへそ公園がなんと言っても日本のど真ん中と公式に認められている

Sigo_8





ここは日本のへそ !

ようやく
冬の遅い夜が明けてきた
午前 07:00 日本の中心時刻だ !
東経 135度 北緯 35度

日本のへそ説明看板

Sigo_10

ここが日本のど真ん中 !

Sigo_9

まだ陽が昇ってこないが 真正面が 北緯 35度の東西、ポール左右が東経135度の子午線通過を示す。

日本のへそ公園駅

Sigo_a Sigo_b

ここが時刻地図上で日本のへその駅である  加古川線のへそ公園駅
ここの正午は太陽は真上にいる 日本の 正午である なにしろ東経 135度 北緯 35度

参考

日本の中心と名乗りを上げている町村が幾つかある

Gujyo_1

岐阜県郡上市美並町 
名称 日本まん真ん中センター
主張 北海道から九州までの地理的中心
位置 N35/39/44/8   E 136/58/5/6

Noto1

石川県珠洲市禄剛崎
名称 日本列島ここが中心
主張 本州の中心 ( 写真参照 )
位置 N 37/31  E 137/19


         前のページへ          次のページへ     ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

   

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の時間中心(芯) その 1 | トップ | 日本の時間中心(芯) その 3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ケノーベルからリンクのご案内(2009/12/23 09:16) (ケノーベル エージェント)
明石市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
ケノーベルからリンクのご案内(2009/12/23 09:35) (ケノーベル エージェント)
珠洲市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。