加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

岡山県倉敷市  下津井鷲羽山

2011年06月20日 | 登山、里山

岡山県倉敷市 下津井鷲羽山

岡山県倉敷市の南、 瀬戸内海に少し張り出した児島半島の最南端の山 通称 鷲羽山 とよばれる。

この山は 標高が僅か 133mしかない しかし全国的に有名な山である ( 山というより観光地として )
鷲羽山から見る瀬戸内海は美しく 天候さえ良ければ遠くに四国の山々が望める。

Washyu_3         Washyu_5

左  瀬戸中央道  展望台より見た下津井瀬戸大橋
近年、特に有名になったのは瀬戸大橋の開通で鷲羽山が身近になった
鷲羽山の中腹を 瀬戸中央道と四国横断鉄道との二階建ての上、下線という珍しいトンネルが開通
した。

右  鷲羽山 山頂から鷲羽山ビジターセンターと瀬戸内海を望む。 
天候が良ければ遠くに四国の山々が見られる
現在 中腹の展望台まで車で登れる 大きな駐車場があり 今は、無料開放されている
この展望台から山頂までは 400m程 花崗岩の道を登る。

Washyu_2   Washyu_4

最後の登りその先が山頂だ 133m登頂 お疲れ様
ちなみに、文献によれば 「鷲羽山」 の謂れは 児島湾から見た山の姿が 鷲が羽を広げた姿に
似ているから しかし 加藤にはとても鷲の羽根を広げた姿には見えない   凡人だからかな。

 

            ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

            注 : サーバー容量の関係でHPより移動

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岡山県、島根県  蒜山三座 | トップ | 鳥取県 伯耆大山 ( 1,729m ) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ケノーベルからリンクのご案内(2011/06/21 08:53) (ケノーベル エージェント)
倉敷市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。