加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

岐阜県多治見市 臨済宗南禅寺派  虎渓山永保寺 

2012年03月19日 | 神社、仏閣、城

岐阜県多治見市 臨済宗南禅寺派  虎渓山永保寺

土岐川が岩山を曲がりくねり流れ下る虎渓山に 永保寺は在る

Eiho_1

永保寺の本堂 火災で焼失したため、再建された 国宝の指定は取り消された


Eiho_6 Kokei_4

国指定名勝 無際橋と 国宝の観音堂

Kokei_2



Eiho_5 Eiho_7

六角堂 梵音巌

梵音岩上の六角堂には千体地蔵がまつられており、願いをかける人が地蔵を借り
願いがかなうと新しい地蔵を添えて返されています
滝の水は、虎渓山北西にある「しでこぶし」群生地付近の湧水を集めたものです


Kokei_5


Kokei_3



Eiho_4


国宝 「開山堂 」

1935年頃、足利尊氏が建立したといわれ純正唐様ともいうべく、室町時代初期の
代表的な建築です 裏側の祠堂に開祖 夢窓国師開山仏徳禅師の座像が安置されている

Eiho_3

修行道場の傍にある イチョウの木は 樹高 25.3m   幹回り 4.33m   樹齢  700年


            ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛知県豊田市  鞍ヶ池 | トップ | 岐阜県関市  木曽川水系津... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL