加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

三重県桑名市 史跡 七里の渡跡

2013年05月11日 | こんな風景がある

三重県桑名市 史跡 七里の渡跡

七里の渡は : 桑名宿と宮宿 ( 現在の名古屋市熱田区 ) の間は江戸時代の東海道唯一の海路で、その距離が
七里 ( 28km ) あることから七里の渡と呼ばれた。

Watasi_1



Watasi_2

現地説明文

Watasi_6

Watasi_4

現在は堤防、水門が築かれ昔の渡は文献で推測することしか出来ない 写真の櫓は復元された蟠龍櫓。

参考資料 七里の渡位置図

Watasi_3



        ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三重県桑名市 木曽川水系長... | トップ | 三重県桑名市 桑名城址 外... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ケノーベルからリンクのご案内(2013/05/12 08:52) (ケノーベル エージェント)
名古屋市熱田区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
ケノーベルからリンクのご案内(2013/05/12 08:58) (ケノーベル エージェント)
桑名市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。