加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

愛媛県東温市 重信川水系重信川源流 漣痕化石

2012年11月02日 | 地殻変動、断層、クレーター

愛媛県東温市 重信川水系重信川源流 漣痕化石

何万年も前 日本列島は海の底だった、、、

全国の地形や地層は地球の歴史を物語っている。

Renkon_4

重信川水系重信川の源流近くに海に堆積した砂岩と泥岩の互層が露頭している漣痕化石が見られる

Renkon_2  昭和 56 ( 1981 ) 年 7月指定

 形成時代 約 7,000万年前

 露出面の岩質
 白亜系和泉層群

 ( 海に堆積した砂岩と泥岩の互層 )

 約 7,000万年前 海底が隆起し、陸となった



Renkon_3  


地層の成因説明は長くなるので 現地説明看板参照して下さい


Renkon_1

かって日本列島は海の底だった !

Renkon_5

採石場の壁面  見事な堆積層が約 50度傾き現れている 地球は今も、動いている。

かって日本列島は海の底だった !


                   ホームページ   加藤のひとり旅に戻る


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛媛県東温市 重信川水系重... | トップ | 愛媛県東温市 山之内地区 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL