加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

米山海岸 田塚鼻層内褶曲露頭

2010年03月09日 | 地殻変動、断層、クレーター

新潟県の米山海岸は米山山の噴火溶岩の堆積で面白い地層が現れている
田塚鼻層内褶曲露頭 ( スクランブル断層 )
地球が描いた 大なまず

Tatsuka_6

田塚鼻層内褶曲露頭と 聖ヶ鼻地層    新潟県柏崎市

" 米山さんから雲が出て ~と謡われる 米山節で有名な米山 ( 992.6m )は火山活動で
出来た山と思われていた
近年 研究が進み 米山は 火山活動後沈降し 堆積物、土砂等が堆積した後 
地殻変動により隆起し現在の地形を造ったと発表された。

米山から海岸まで米山層という地殻変動の複雑な地形が見受けられる なかでも 
田塚鼻の西側は岸壁がほぼ垂直削られ、泥岩層の間に激しく地殻変動が起こった事を
物語る露頭が見られる。

説明文

Tatsuka_1

上下、平行な泥岩層に挟まれた地層が褶曲している 約500万年前に海底土滑りが
起きた時に生じたものと考えられる     地質学上珍しい地形  ( 説明文より )

自然界の地層が描いた芸術作品

Tatsuka_3    Tatsuka_4

何に見えますか
    地層の研究と違った目で見つめると何に見えますか
    加藤は 大岸壁にのたうつ龍の頭か大なまずに見える

何に見えますか
    ピカソも真っ青 そのスケールに 真っ青
    冬の日本海、 小雨の撮影が残念である

この地は米山と海に挟まれた僅かな平地を 信越本線、国道 8号線、北陸自動車道とが
平行して走っている
今から数百万年前は 今の海面より 約 1,000mも高い 平地であった。
大地の営みは気が遠くなる。

Tatsuka_5
米山海岸歩道と簡易トイレ 駐車場はこの東側
歩道から防波堤を越えて海岸に降りられる

聖ヶ鼻地層

田塚鼻から 約 5Km 程 西に下った所に 聖ヶ鼻の岬がある
国道 8号線から折れ 旧道を海岸沿いに進む 一帯は米山地層といわれる脆い泥岩堆積層で出てきている

Tatsuka_8     Tatsuka_9

米山層の下位になる 砂岩と泥岩が交互に堆積
現地に立つと450~500万年前 遠浅の海で 交互に 堆積した様子がはっきりと見て取れる

Tatsukamap


                 ホームページ   加藤のひとり旅に戻る



ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四国鹿浦越のランプロファイ... | トップ | 長野県 横川渓谷の蛇石 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ケノーベルからリンクのご案内(2010/03/10 09:30) (ケノーベル エージェント)
柏崎市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。