加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

兵庫県姫路市  御着城址

2010年07月27日 | 神社、仏閣、城

兵庫県姫路市 

いわずと知れた 国宝 姫路城 ( 別名 白鷺城 ) で有名である。
姫路城は文献で広く紹介されているので ここでは殆ど知られていない
古城を訪ねてみた。

兵庫県姫路市御国野町 国道 2号線沿いに 御着と言う地名の部落がある
案内板によると 昭和 52年 ~ 54年の発掘調査で 御着城が 十四世紀後半から
十六世紀まで存続した本格的な城跡と判明した。

Gochaku_1

現在の御着城址 この辺りに本丸があった

Gochaku_3

正面が本丸跡 現在は市役所東出張所がある

Gochaku_2

現在 都市計画が進行し 城跡の面影は ごく一部に崩れかけた石垣が残るのみである。


                ホームページ   加藤のひとり旅に戻る


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 兵庫県赤穂市  播州赤穂城 | トップ | 岡山県高梁市  備中松山城 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL