加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

兵庫県宍栗市   草置城跡

2010年08月16日 | 神社、仏閣、城

兵庫県宍栗市一宮町   雲の上に浮かぶ城 草置城跡

姫路市の北、 あまり高くは無いが山々が続く丹波地方 この峠に雲の上の城と呼ばれた
草置城があった

草置城は、但馬国の高倉城主田路大和守胤直の嫡男、田路隠岐守胤純が天文 7年 ( 1538年 )に築城した、、、と文献にある

Kusaoki_2 Kusaoki_3_2

草置城の石垣遺構 ここから奥へ進むと土塁、空堀跡がある 雲の上の城と呼ばれた景色

Kusaoki_1

奥に見える建物は単なる休息所です  遺構は右手側です

位置図

Kusaoki_4

チョツと解かり難いので 地図を添付

Kusaokimap



    ホームページ  加藤のひとり旅に戻る







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岡山県尾道市  因島水軍城 | トップ | 岐阜県白川村  萩町城址 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL