加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

宮城県丸森町 金山城址

2010年07月22日 | 神社、仏閣、城

金山城は伊達政宗公初陣の地である

宮城県丸森町    金山城

宮城県角田市  日本の科学最先端 ロケットエンジンの研究、開発の町 
その隣 丸森町は歴史の街である 伊達政宗公が初陣の城跡があると聞いて訪ねてみた。

Kaneya_1

金山城址への登り口

金山城は、標高 117mの小高い小山の地形を利用し築かれた山城といえる

Kaneya_2

ここから金山城屋敷跡への登り口となる

Kaneya_3

中腹の大手門跡
現在は明治に取り壊しがあって何も残っていない
地形のみが当時を物語る

Kaneya_4

最後の砦

いよいよ本丸屋敷跡が見えてきた土塁の跡が城跡を示している
本丸屋敷跡金山城は本丸 ( 天守閣 )はなかつた この山頂広場には
本丸屋敷が築かれていた
金山城は天正 4年以降 相馬藩と伊達藩とで争いが起き 長く激しい攻防があった
天正 9年 伊達政宗の初陣により天正 12年 伊達家の所領となった

本丸跡に立つと 角田市が一望でき 今は、静かな東北の田舎である。


                ホームページ   加藤のひとり旅に戻る


ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岐阜県飛騨市 下小鳥ダムへ... | トップ | 福島県会津若松市 鶴ヶ城 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ケノーベルからリンクのご案内(2010/07/23 08:59) (ケノーベル エージェント)
角田市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。