加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

種子島射場見聞記 その 5

2009年12月21日 | 種子島、内之浦へ行こう

種 子 島 施 設 見 学

種子島宇宙センター  宇宙科学技術館と増田宇宙通信所

鹿児島県熊毛郡南種子島町
日本の先端科学 大型ロケット打上げ場というと 物々しい警護に囲まれた基地を連想する
しかし、この種子島宇宙センターを訪れると余りの開放に近親感を持つだろう
特殊な建物以外は どの建物もその玄関先まで一般の人が近づける 構内の道路はほとんど通行出来る 
これからもこの開放を続けてほしいものだ
南の通用門を通り 真っ直ぐ進むと 駐車場の手前に宇宙科学技術館がある
館内は 宇宙開発について展示と紹介をしている

Taneka_1_2 Taneka_2_2

      宇宙科学技術館の全景        館内 ロビーの様子 この奥が展示室

Taneka_3 Taneka_4

壁に今日まで打上げたロケットの発射を展示  ロビーの様子 展示室は暗室で撮影困難

勿論 見学は無料です ロケットエンジン LE-7A   LE-5 も、展示しています

増田宇宙通信所   
鹿児島県中種子島町益田

増田宇宙通信所は人工衛星からの電波を受信し筑波宇宙センターに送りまた、
状況により人工衛星にコマンド信号を送信する。
ロケット打上げ時は、ロケットからの電波を受信し、飛行状態の監視を行い、受信
したデーターを種子島宇宙センターに送っている

Masu_1 Masu_2

増田宇宙通信所の正門                パラボラアンテナ群が 人工衛星を追っている

増田宇宙センターの展示室は 見学が出来るが この日は打上げ前日で ( 2006/02 )
入構出来なかった

   展示室の見学は  10:00 ~ 17:00       土、日、祝日は休館です   

 

       前のページへ       次のページへ      ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 種子島射場見聞記 その 4 | トップ | 種子島射場見聞記 その 6 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL