加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

福島県下郷町   塔の�惨 ( へつり )

2010年09月17日 | 地殻変動、断層、クレーター

福島県下郷町   塔の�惨 ( へつり )

郡山から峠越えをして この福島県南会津郡下郷町に着いたのはもう夕暮れ近い

しかし、此処に地球が何万年もかけて岩石を浸食し、また風雪の風化により奇岩が連なる
「塔の�惨 ( へつり) を是非観たいと車を進めた。

案の定、駐車場や広場には一人も人影が無く貸切観光となった。 残念なのは肉眼ではすでに
薄暗い時刻で 露出不足とスローシャッターで ピンボケと 白っぽい写真となった。

Heturi_6   

塔のへつりは福島県会津地方の南会津東部を流れる大川が形成する渓谷、大川ラインにある
1943年河食地形の特異例として、国の天然記念物に指定されている。
�惨 ( へつり ) とは会津方言で、川に迫った険しい断崖の事でであり、一帯は第三系凝灰岩、
凝灰角礫岩、頁岩などが互い違いになっており その軟岩部が長年の歳月による浸食と風化
の作用によって形成された柱状の断崖である、大川、羽鳥県立自然公園の一角を占める。

                        現地説明文 そのまま転載

Heturi_5        

展望台から観た�惨 ( へつり )

Heturi_1

上流側 2景

Heturi_2


Heturi_3

この断崖絶壁は修験道場となっていた 烏帽子岩の下、岩窟には虚空蔵尊が祀られている

Heturi_4




     ホームページ   加藤のひとり旅に戻る


参考 位置図

Heturimap

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 栃木県那須塩原市  沼ッ原湿原 | トップ | 福島県会津若松市  東山温... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ケノーベルからリンクのご案内(2010/09/18 08:47) (ケノーベル エージェント)
南会津郡下郷町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。