加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

長野県佐久立科町  光徳寺

2010年08月02日 | 神社、仏閣、城

長野県佐久立科町  光徳寺

蓼科高原 白樺湖から 佐久 望月町に向かって 街道を下りきった蓼科町に 大きな枝垂れ桜
と巨木の神代杉が目に飛び込んでくる。

光徳寺は文明年間 ( 1469 ~ 1487 ) 芦田城 二代城主 「光玄」が父の芦田備前守「光徳」
の追福のために建立したもので 寺号も父の法号とした
                                        説明看板より

この光徳寺には 開門することのない不開門があり、格式の高さを表している

Koutoku_2 Koutoku_3

左 : 光徳寺の山門 二本の枝垂桜はまだ蕾、 右 : 本堂  道場、修行場の建物

Koutoku_4 Koutoku_5

左 : 光徳寺 不開門              右 : 不開門の脇を通り本堂で参拝

約 五百年の歴史を持つこの寺の格式を代表する 不開門
この不開門は、諏訪の宮大工立川流の工匠によるものとされる。
建立年は不明であるが立川流の精巧を極めた唐破風門造りで彫刻は見事である。

尚、創建以来、不開門といわれ新命住職の普山、皇室の御来山以外は開門しない
とされている山門である。

説明文

Koutoku_1_2


                 ホームページ   加藤のひとり旅に戻る





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長野県安曇野市  本陣 等... | トップ | 長野県立科町  蓼科神社 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL