加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

岐阜県可児市  木曽川左岸 カタクリ群生地

2010年09月02日 | こんな風景がある

岐阜県可児( kani )市 

長野県御嶽山の麓に源を持つ 大河 木曽川はこの可児市で飛騨川と合流し濃尾平野へと下る
木曽の架け橋 大田の渡し 、超えて鵜沼が..........と昔から唄われている風光明媚な流れである
この 大田から鵜沼 (現在の犬山市) までの木曽川の流れは 奇岩と 時には激流、そして淵の澱みと変化に富んでいる。

Katakuri_3

カタクリ群生地

カタクリ群生地で一斉に咲き始めたカタクリの花カタクリの花は 雑木林の中、半日陰で咲く、
この花には面白い性質があり 日陰を好むが 陽が昇らないと花弁が開かない。

Katakuri_2

近年、 散策道と保護用ロープを張り保護に努めている。

何時までも残しておきたい自然です。    

参考

Katakuri_1

 

             ホームページ  加藤のひとり旅に戻る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岐阜県可児市  鳩吹山 | トップ | 長野県佐久市  龍岡城五稜郭跡 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL