加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

長野県松川町 名子城蹟 ( 要塞 )

2010年07月24日 | 神社、仏閣、城

長野県松川町  名子城蹟 ( 要塞 ) 

長野県松川町  中央アルプスと南アルプスに挟まれた天竜川沿いの細長い谷が続く伊那谷で
ある。
天竜川の断層作用によって形成された段丘崖の先端部が唐沢川 ・ 大名川の二つの河川に
よって侵食された結果、両河川の間に残った幅の狭い台地を一条の堀切によって分断し、
主郭とそれに付随する二つの特徴的な曲輪を設けた、類例の少ない構造の城跡です。

                                                                                                       現地案内看板による


Nago_2

      名子城    長野県松川町
      名子城は名子の平を一望のもとに見渡すことの出来る高台に築かれた中世の城跡
      です。

      名子城についての史料はなく、築城者 ・ 存続期間等、確かな事はわかりません。
      上の写真は南側の虎口 ( 出入り口部 )で主郭の正門と見られている。

   名子城は中世に築かれた砦である 従って、 文献には 名子( 城蹟 )、( 城跡 )、( 城址 )
      と使い分けている

Nago_1

城の主郭 ( 城の主体部 ) 跡 祠は城山稲荷
本郭跡 東西 70m 南北は 72mと29mの馬蹄形

Nago_4

主郭を防御する土塁 

Nago_5

主郭を守る土塁と一段下には長い帯郭が構られていた

Nago_7

Nago_6 


                  ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長野県伊那市  高遠城址 | トップ | 山梨県大月市  岩殿城跡 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL