加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

静岡県東栄町 奥三河 / 蔦の渕

2011年03月26日 | 渓谷、滝めぐり

静岡県東栄町   奥三河 / 蔦の渕

愛知県新城市をさらに北上を続けると 山奥の東栄町にたどり着く。

町の中央を流れる 千瀬川に蔦の渕という名所がある

Thuta_1

 ここで地質について学べる。

Thuta_2

ここ「蔦の淵」の滝頭は柱状節理を示す堅い硅化安山岩( 火成岩 ) であり、滝壺は
軟らかい黒色泥岩である。
軟らかい泥岩は堅い硅化安山岩より速く風化、浸食されて削り取られ、滝壺となった
このように地形に差別の出来る浸食を差別浸食という。

Thuta_3         Thuta_4

蔦の滝の渕全体

Thuta_5         Thuta_6  


泥岩河床で川底が平に削られている         太古のロマン 大木の眠り


           ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛知県新城市 奥三河 阿寺... | トップ | 愛知県犬山市 / 山伏の滝 (... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL