加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

岐阜県下呂市  岩屋岩蔭遺跡 妙見神社

2010年09月30日 | 神社、仏閣、城

岐阜県下呂市  岩屋岩蔭遺跡 妙見神社

謎の巨石群 岩屋岩蔭遺跡 BC. 500年前 日本最古の太陽観測所

Nazo_4_4

岐阜県下呂市金山町 妙見神社

飛騨川沿いに 国道 41号線を北上し、金山町から分かれて馬瀬川 ( mazekawa ) 沿いに進むと山間の目の前に
水資源機構の岩屋ダムが見えてくる。

こんな険しい山間の地に 日本のミステリィーゾーン 謎の金山巨石群が残されている。

この岩屋岩蔭遺跡は、信仰の対象でもある 岩蔭遺跡は 妙見神社の祠が祭られている

Nazo_5 Nazo_6

妙見神社への参道 この参道は太陽光の注す範囲の 中心となっている、境内を含めすべてが天文台である

Nazo_24_2 Nazo_10_3

一見無造作に置いてある様だがこの先が北極
左の岩は図の参道入り口横の岩 N-S方向、 これらの他に驚くべき精密さで 組み立てられています。

現地には資料館もあり 申し込めばガイド付き団体受付もしています。

 

         ホームページ  加藤のひとり旅に戻る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岐阜県下呂市 謎の巨石群... | トップ | その瞬間、水しぶきが、、、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL