加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

千葉県鴨川市 真言宗智山派 金剛山金乗院

2013年10月10日 | 神社、仏閣、城

千葉県鴨川市 真言宗智山派 金剛山金乗院 ( 別名 : 大日の寺 )

Kongou_1

金城院は真言宗智山派の寺院、 安房国 53番札所の一つ

Kongou_4

大日堂の欄間には「 波の伊八」と呼ばれる宮彫師の武志伊八郎信由が 28才の時に彫った
という「向拝の龍」の彫刻が残されている。

Kongou_2

本堂 現在は住居になっている

Kongou_3

大日堂 鴨川市の有形文化財に指定されている 向拝の特徴が最も表れている 

向拝 ( こうはい ) とは、日本の寺院建築において仏堂や社殿の屋根の中央が前方に張り
出した部分のこと、仏堂や社殿の向拝は正面に設けられる事が多いが仏堂では背面に設
ける場合もある

 

              ホームページ   加藤のひとり旅に戻る




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千葉県鴨川市 鴨川港 鴨川... | トップ | 千葉県いずみ市 夷隅川水系... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL