加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

山梨県甲州市  天目山栖雲寺

2010年08月02日 | 神社、仏閣、城

山梨県甲州市    天目山栖雲寺

国道 20号線が笹子峠の笹子トンネルに登る手前から東側へ日川渓谷沿いに入った所に
武田家終焉の地として知られ、徳川家康公が建立した天童山景徳院とがある

山梨県の案内書によると
天正 10年 (1582) 3月 11日 武田勝頼公一族は、織田、徳川の連合軍と激戦の末、この地で
武田家の歴史を閉じたとされる。
同年 7月徳川家康公が入国の際、家臣 尾畑勘兵衛に命じて建立されたのが景徳寺である。

そして 更に日川渓谷を上流に進むと 天目山栖雲寺が見えてくる。

Seiun_1 Seiun_2

文献によると

1348年 業海本浄禅師が開山した禅寺である天目山とは 元の天目山で修行し、その後、
武田家の要請により開山したと言われている

天目山栖雲寺   
麦蕎麦発祥の地という石碑が有る ほんとかな ?
山門を登りきると庫裏が見えてくる

Seiun_3 Seiun_5

この寺は石庭が美しいとされる裏山に見えるのが庭
この古寺も改装され立派になっている

Seiun_4

栖雲寺の石庭


                  ホームページ   加藤のひとり旅に戻る


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山梨県甲州市  天童山景徳院 | トップ | 神奈川県北山町  丹沢山別... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL