加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

奥鬼無里、奥裾花公園

2010年02月28日 | なんでも日本一

日本一の水芭蕉群生地

長野県長野市 奥信州と呼ばれる 旧鬼無里村の春は遅い まだ奥裾花自然公園は
1m近い残雪に覆われている 
今池湿地辺りの流水あたりに僅かに水芭蕉が咲いている。
現在、この鬼無里一帯の水芭蕉群生地は日本一と認められている。

Kinasa_1 

今池湿地弁天島近くに咲く水芭蕉

Kinasa_2

今池湿地 もう一週間もすればもっと華やいでくる

Kinasa_3

奥裾花自然公園入り口までは除雪されている

Kinasa_4

こうみ平湿原との分岐深い残雪で埋まる散策路

この裾花川一帯は地層学的に興味のある地帯である
奥裾花渓谷沿いに幾筋もの沢水が落下している

奥裾花川の地層

Kinasa_5

今回はこの部分割愛します。           

別の機会に断層シリーズで作成します。   

戸隠高原の西側になります 水芭蕉も美しいが ここから観る 戸隠連山も雄大で美しい

Kinasa_6

2008/04/27 撮影 向かって左から 本院岳 2,030m  一番高い 西岳 2,053m ,P3と続く連山
手前、右側がシャトルバスの終点 地滑りの危険から 自然公園までは徒歩で往復する。

           ホームページ 「 加藤のひとり旅 」に戻る 





ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スカイパーク あずみ台 | トップ | 地球深部探査船 「 ちきゅう 」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ケノーベルからリンクのご案内(2010/03/01 09:47) (ケノーベル エージェント)
長野市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。