加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

大分県九重町  三俣山と硫黄岳

2011年10月10日 | 登山、里山

秋晴れの九重、長者原の朝  三俣山と硫黄岳の噴気

くじゅう 連山 / 三俣山(1,745m)登山

毎年 九州に来るとこの長者原に来てしまう 今年( 2006/09 )もここにテントを設営してしまった。
九重連山、、、、、、坊ヶつる  日本で一番気に入っている山だ。
2006/09 長者原に幕営し → 諏峨守越え → 三俣山 → 法華院温泉 → 坊ヶつる と歩くことにした。

 

Mimata_4

 


9月末ともなると ビバーグ用のテントも寒さを感じる 
朝もすっかり明けてきた 周りの登山者はもう皆
出発したようだ
朝日に輝く三俣山が美しい  さあ 出発しよう。

 

くじゅう連山 九重山という名称の頂は無い
九重山はこの山群の総称であってその主峰
は久住山 ( 1,781m ) である。

Mimata_2

一般に九重山と呼べば 標高は一番高い中岳( 1,791m ) としている。
中央下に長者原 中央の道路は 「やまなみハイウェー」 向って右手が三俣山

Mimata_5

まず 長者原から諏峨守越えまでの長い草地を歩く

Mimata_8

Mimata_6  Mimata_9

すがもり越えの非難小屋で一服 三俣山は目の前だ一気に登ろう
三俣山 西峰のピーク    西峰のピークから見る三俣山本峰を望む

Mimata_3

なだらかな山容だ  三俣山の本峰 1,745m 山頂
三俣山南峰から西峰越に見る硫黄岳の噴気
三俣山西峰ピークから見た久住と硫黄岳 流石 火の国といわれるだけある。

 

            ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大分県九重町  くじゅう連... | トップ | 大分県九重町  久住山登山 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL