さいたま市浦和区  小泉漢方堂鍼灸療院

~全ての人々に健康と幸せを~  

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ネパールヘルスキャンプ2012 in バイラワ (診療編)

2012-08-30 19:44:15 | 日記・エッセイ・コラム

先日、8/18~26までネパールにて治療してきました。

赤十字の協力を得たボランティア診療です。


場所は、ネパールの南端、インドとの国境に近いバイラワという町

Img_0442

Img_0444


初日は赤十字の会場の近くで市場が開かれておりまして大変賑やかでした

Img_0425


こちらが会場です

早朝から多くの患者さんが遠方からいらして長蛇の列です

Img_0457_3


今回、日本から参加したメンバーとネパリー鍼灸師です

最前列、向かって右から3番目にいらっしゃるのが

ネパールに鍼灸を持ち込まれた、畑美奈栄先生

鍼灸への情熱と圧倒されるようなパワーを持ち

キメ細やかな気配りをされる素晴らしい先生です

Img_0449


診療中はこんな感じでして

Img_0453

Img_0505

Ncm_0650

Ncm_0657

Img_0441

Img_0435

Img_0439_5

戦場の衛生兵のような忙しさで、ごった返しています

患者数は4986人に上りました!


主訴は、各所の疼痛を訴える方が多かったのですが

その程度が、日本ならば癌などの闘病後や出産後などで現れるような、両側、全身性の酷いものが多く

ネパールの過酷な風土と住環境、季節を問わず素足にサンダル履き、入浴なし、油を多用する食生活などの影響によるものと推測されました


その他にも、医療が行き届いていないが故の疾患多数

幼児の頃に患った中耳炎の治療をせず、大人になっても耳垂れを起こしていて難聴になってしまった方(この症状を訴える方は多数)

一ヶ月、小便がまともに出ていない方(この症状でも病院に行かない?行けない?)

全身が浮腫で痛む10歳の男の子(病院で原因不明だが、恐らく日本ならば診断がつくでしょう・・・)

などなど・・・





診療中にネパール語から英語に翻訳してくれたのは、主にネパリーの中学生

Ncm_06801

Ncm_0751

Ncm_0759_3

Ncm_0759_4

皆、素直で無邪気で可愛いです

英語は堪能で、頭も切れて素晴らしい

でも、心は純粋でして日本人の小学3~4年生くらいな感じです


ヘルスキャンプが終わりに近づいた頃

私たちは、彼らの学校に招かれ、熱烈な歓迎を受けて

別れるときには、皆、ハグして涙で見送ってくれましてね

Img_0511

私たちは、彼らのピュアさに唯々感動してしまいました

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラブレターをもらいました | トップ | ネパールヘルスキャンプ2012... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
先生!お元気そうで!! (emichibi)
2012-08-31 23:00:23
先生!お元気そうで!!
ものすごい数の患者さんですね!
途上国の医療事情も知らなかったから、驚きました。
素晴らしい経験をされたようで!読んでるこっちも楽しくなりました!

先生すごくいい顔してますね!こっちも笑顔になります
それにしても、また今年もめっちゃ黒くなってるっ!!
てゆうか、先生、ネパリーと見分けがつかない!
ちょ、先生!馴染みすぎっ!
emichibiさん (院長)
2012-09-04 13:31:41
emichibiさん
コメントありがとうございます
この患者さんの長い列・・・
見ると戦意を消失しましたよ
気付かない振りで目の前の患者さんのみに集中していました(汗

ネパリーよりは色白でしょ(笑)
あっ!でも。。。
「ネパリードクター?」
って聞かれました(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。