おーえん堂繁盛記

仙台での通勤時の記録、ちょっと一杯の写真をメインにした日記

時々乗馬

岩倉具視

2017-01-25 | 読書

永井路子の「岩倉具視(言葉の皮を剥きながら)」です。幕末の権力闘争、ちょうど外国船などが盛んに開港を迫ってくる時期の公家と幕府のせめぎあいなどをさまざまな資料から歴史的に検証していて興味深いですが、それだけに止まらず歴史家が使っている言葉の意味を「一皮剥いて」例えば尊王攘夷については言い得て妙ではありますが本当のところ攘夷などだれも実現できるなどと思っていなくて、単に倒幕だったのではとか真の歴史に沿った言葉の意味を求めて書いている本です。作者の勉強量についていくのが大変な本で最後まで読めるかどうか?
ジャンル:
アクセスアップ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かに玉を醤油あんで | トップ | ただいま »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。