はがき随筆・鹿児島

はがき随筆ブログにようこそ!毎日新聞西部本社の各地方版に毎朝掲載される
「はがき随筆」は252文字のミニエッセイです。

突然の最期

2017-05-11 10:02:21 | 岩国エッセイサロンより
2017年5月10日 (水)
 岩国市  会 員   吉岡 賢一

 早くに夫を亡くした姉は、85歳になっても持ち前のバイタリティーと旺盛な好奇心で忙しく元気に暮らしていた。その姿は一人暮らしを楽しんでいるようで頼もしかった。都会に住む2人の息子たちが定年を迎えたら地元に戻らせて、一緒に田舎暮らしを始めるのを夢見ていた。 
 そんな姉をある日突然、交通事故が襲った。夢がかなうこともなく、何の前触れもないまま容赦なく命を絶たれた。さぞかし無念であっただろう。
 私たちは女4人、男2人の6人姉弟で、戦後のひもじさも高度経済成長の恩恵も体験しながら両親を助け、家族8人肩を寄せ合って生きてきた。第5子で次男坊の私は長女とは14歳、今回急逝した次女とは10歳違い。これはまるで母親が3人いてくれるような心強い温かな幼少期であったことを思い出す。
 利発で聡明だった長女は、8人家族の中で最も早く病魔に侵された。次いで父が、兄が、母が逝った。その都度、家族姉弟が集まり、手を取り足をさすってねんごろに見送ってきただけに、一人の親族にもみとられることなく、冷たい路上で理不尽な最期を迎えた姉がふびんでならない。
 加害者の高齢運転者に対する複雑な思いはある。ただ救われるのは、全ての面で思い通りに生きてきた姉の一生は、決して不幸ではなかったと思えることである。
 四十九日の法要も済ませ、納骨で夫に寄り添うことになった。子や孫たちの成長をしっかり見守ってくれることだろう。
 
   (2017.05.10 毎日新聞「男の気持ち」掲載)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菖蒲湯 | トップ | 二度と過ちは »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いつもお世話になります。 (Yattaro-)
2017-05-11 22:22:39
アカショウビンさんには、いつもいつも岩国の仲間のことをお気に停めて頂いて感謝しています。
今回の「男の気持ち」は、書こうか書くまいか少し迷った内容でした。
でも色々な思いが交錯するということは、どこかで気持ちに整理を付けたい、という思いが働いたようです。
お陰様で、鹿児島方面の方にまでこのお思いを少しくみ取って頂けたら嬉しいことです。
有り難うございます。

コメントを投稿

岩国エッセイサロンより」カテゴリの最新記事