はがき随筆・鹿児島

はがき随筆ブログにようこそ!毎日新聞西部本社の各地方版に毎朝掲載される
「はがき随筆」は252文字のミニエッセイです。

77年目の日の出

2016-10-15 06:42:32 | はがき随筆
 暦の上では秋だが、8月下旬は夏の空気。早朝5時は暗く、熱帯夜の余波を感じながら走り出す。今日から77歳、喜寿である。予感も脈絡もなく思い浮かぶ事事を追いながら走るのはいつものことで、どうしても来し方行く末に思いが行く。旅の事、恋の事、生き方など頭をよぎるに任せているが、悔恨の念にとらわれる事は無い。青春も謳歌した。家庭を持ち、子供たちも独立した。残された時間は考えない。最後の一日まで妻と笑顔で走る姿しか浮かばない。
 6時前、鼓舞するように燃える太陽が顔を出す。その輝きに向け健やかな一日を祈願する。
 志布志市 若宮庸成 2016/10/14 毎日新聞鹿児島版掲載

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 隣のヒノキ | トップ | いつでも傍らに  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む