はがき随筆・鹿児島

はがき随筆ブログにようこそ!毎日新聞西部本社の各地方版に毎朝掲載される
「はがき随筆」は252文字のミニエッセイです。

なぜ「寡黙」に?

2016-10-29 10:22:11 | はがき随筆
 毎日欠かさず見てきた「とと姉ちゃん」もついに終了した。戦後の生活の変遷は当時が思い出され懐かしかった。焦土と化した廃墟暮らしの中から、消費者目線で、安くて良い物を追及し続けた情念は、ついには世界一のものづくり大国への一助をなすまでに至った。この気概や戦争への反省は、現在でも決して忘れてはならないことだ。
 疑問を投げかけて締めくくりだと思う。広島に取材に行ったとき「寡黙」な人たちに直面したくだりだ。「なぜ寡黙に?」。実は鹿屋の特攻基地取材でも住民の「寡黙」に出会ったとの本(知覧の誕生)もあるのだ。
  鹿屋市 小竹幸雄 2016/10/29 毎日新聞鹿児島版掲載
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古い畳と古女房 | トップ | 山の日に思う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

はがき随筆」カテゴリの最新記事