はがき随筆・鹿児島

はがき随筆ブログにようこそ!毎日新聞西部本社の各地方版に毎朝掲載される
「はがき随筆」は252文字のミニエッセイです。

かくれんぼ

2017-06-16 21:40:53 | はがき随筆
 青蛙を見つめていた。バックネット裏の紫陽花の上。ちょこんと座っている大きな目。
 日曜日、野球部の練習が終わると、監督は帰っていった。それからが、僕らのかくれんぼタイム。いろんな物陰に散っていくユニホーム。今でも夢の中にでてくる光景である。オニの私は、不思議と寂しさはなく、ワクワクして探しまわる。見つけられたときのみんなの表情。びっくりした顔とはじける笑い声。今度は私が隠れる番。息を潜めてしゃがんでいた。ぴょんと青蛙がと飛び跳ねた。そこで目が覚めた。「お父さん、寝ながら笑っていたよ」と娘が言った。
  出水市 山下秀雄 2017/6/10 毎日新聞鹿児島版掲載
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真央の涙 | トップ | 雪の下 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む