はがき随筆・鹿児島

はがき随筆ブログにようこそ!毎日新聞西部本社の各地方版に毎朝掲載される
「はがき随筆」は252文字のミニエッセイです。

脊柱管狭窄症

2016-10-19 16:37:48 | はがき随筆
 今、普通に歩ける事に感謝している。2年前、ウオーキングで左足の違和感を覚え、まもなく歩く事が困難になり腰痛がひどくなった。脊柱管狭窄症と診断され、手術以外治る方法はないといわれ途方に暮れた。痛み止め薬で激痛に耐え手術を避けた。いざりながら家事をこなしてスラックスは何枚も破けた。歳月がたつうち痛みが少し和らぎ薬を減量した。リハビリに足、腰に負担をかけないように自転車を使った。これがよかったのか歩けるようになった。この間、夫の優しさ、周りの人の助けはうれしかった。身障者への援助を痛切に感じた。
  出水市 年神貞子 2016/10/19 毎日新聞鹿児島版掲載
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スカイプ | トップ | はがき随筆9月度 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む