はがき随筆・鹿児島

はがき随筆ブログにようこそ!毎日新聞西部本社の各地方版に毎朝掲載される
「はがき随筆」は252文字のミニエッセイです。

母校惜別

2017-03-06 22:25:34 | はがき随筆
 ふるさとの日置市吉利小学校が来春閉校する。由緒ある小松家のお仮屋跡にあり、校庭には明治時代に米国の副大統領が植えた日米樹が茂っている。 
 閉校が決まると、同級生が発起人となり、記念誌の作成が始まった。多くの卒業生から原稿が届いた。終戦を経験した世代は、村や学校での苦しい体験と思い出を克明につづっている。
 母校は私が小学2年生のときに空襲で全焼し、内外地から転校生が加わり、600人を超えた。食糧は乏しく、みんな貧しかった。母校への感謝と惜別を込めて「吉利くんありがとう」と名付けた記念誌が完成した。
  鹿児島市 田中健一郎2017/3/1 毎日新聞鹿児島版掲載
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風になりたい | トップ | もちっ子の出番 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む