はがき随筆・鹿児島

はがき随筆ブログにようこそ!毎日新聞西部本社の各地方版に毎朝掲載される
「はがき随筆」は252文字のミニエッセイです。

2017-06-22 18:44:34 | はがき随筆
 今年は蛍を見に行った。デパートの屋上で飼われたものを見て以来の、自然の蛍だ。
 桜が遅かったように、今年の蛍は奥手らしい。時分になって姿を現したのは数匹だった。それでも、闇から光が浮かび上がったときは、思わず声が出た。小学生の息子は光の粒を追いかけ、あやうく溝に足をとられるところだった。
 沖行く夜船のように、ホタルは明滅しながら航海する。3秒光って、2秒消え、また3秒輝きを放つ。源氏蛍だったらしい。一旬にも満たないはかない命は、3代で絶えた将軍たちの甘露な夢にも似ている。
  鹿児島市 堀之内泉 2017/6/22 毎日新聞鹿児島版掲載

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フェィジョア | トップ | フリーズ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

はがき随筆」カテゴリの最新記事