はがき随筆・鹿児島

はがき随筆ブログにようこそ!毎日新聞西部本社の各地方版に毎朝掲載される
「はがき随筆」は252文字のミニエッセイです。

「勉強遅くない」亡き父のおかげ

2017-07-08 00:17:46 | 岩国エッセイサロンより
2017年6月27日 (火)
岩国市  会 員   樽本 久美

父が4月29日に85歳で亡くなった。私は父に怒られた記憶がなく、本当に優しい人だったという思いしかない。我が家は浄土真宗なので、父の法名が「釋浄楽」であった。今回、浄土真宗の法名に釋がつくことを知ったり、お寺からいただいた「作法の本」で通夜から葬儀までの作法を学んだりした。
 父が亡くなったことで、お寺とのご縁をいただくようにもなった。この年にして何も知らない自分だったが、今から勉強しても遅くはないはず。
これからは疑問があれば自分で調べたり、知っている人に聞いたりしようと決めた。そう誓えるようになったのも全て父のおかげだと思う。
   (2017.06.27 読売新聞「気流」掲載)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨に咲く | トップ | 盛大な喜寿の会企画 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

岩国エッセイサロンより」カテゴリの最新記事