はがき随筆・鹿児島

はがき随筆ブログにようこそ!毎日新聞西部本社の各地方版に毎朝掲載される
「はがき随筆」は252文字のミニエッセイです。

平安の姫君

2017-04-23 18:32:38 | はがき随筆
 今、私は鹿児島市のY病院にいる。大けがで搬送されたのだ。私の平安の姫君的生活が始まった。今までなにも考えないでちゃちゃっとやれていたことが、何一つできなくなった。半径1㍍だけが、私が一人で動ける範囲。冷蔵庫のお茶も取れない。ベッドから落ちたペンも取れない。誰かの介助なくば、生きることができない。
 だからあえて、今ばかりは思おう。私「平安の姫君」なのだ、と。彼女たちは、館の奥の帳のなかで、ほぼ一日横たわって暮らしていた。生きるための全ての業を、人任せにして。私はいま、平安の姫君。
  鹿児島市 奥村美枝 2017/4/23 毎日新聞鹿児島版掲載
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「山」を登る | トップ | 流石 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

はがき随筆」カテゴリの最新記事