English Collection

日頃目に付いた覚えたい英単語、慣用句などの表現についてのメモです。

jonesing

2016年10月14日 | 英語の本を読む

Zoobiquityを読んでいます。
Pain also causes that the body to produce catecholamines, which over time damage major organs but in the short term give the body a jolt--spiking the blood sugar, dilating the pupils, and increasing the heart rate. So in a way, self-mutilators are self-medicators, kick-starting their bodies' natural and powerful chemical reactions. Some cutters report a trancelike state combined with an overwhelming need to self-mutilate--not unlike an addict jonesing for a drug, a jogger restlessly anticipating her 5K, or a glassy-eyed German shepherd licking his paw.
"jonesing" はZoobiquityの前半にも出てきて既に(4/27/2016)取り上げました。
前回しらべた時に、Oxford English Dictionaryに「Origin 1960s: said to come from Jones Alley, in Manhattan, associated with drug addicts.」と知りましたが、欲しがるという意味では慣用句の "keep up with joneses" と同じではないかと気が付き、こちらの語源を確かめると(The Word Detective)、全然異なる様でした。意味が似たのは偶然なのでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« rifle through | トップ | HONEST -- BUT STILL FIRED »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。