English Collection

日頃目に付いた覚えたい英単語、慣用句などの表現についてのメモです。

dominant hand

2017年06月14日 | 英語の本を読む
Impulse by Dr David Lewisを読んでいます。
Discover your own risk ratio
To calculate your 2D:4D ratio all you have to do is to measure the second and fourth digits of your dominant hand (i.e. right hand if right-handed) as shown in figure 1.
"right-handed" とか "southpaw" と言う英語しか知りませんでしたが、上の引用文に出てきた "dominant hand" は文脈から利き手の意味であることは容易に推測できます。辞書で確かめようとしましたが、OneLookの検索では百科事典のWikipediaが "dominant hand" の検索で次の "Handedness" の説明箇所のみを示していました。
Handedness is a better (faster or more precise) performance or individual preference for use of a hand, known as the dominant hand; the less capable or less preferred hand is called the nondominant hand. Handedness is not a discrete variable (right or left), but a continuous one that can be expressed at levels between strong left and strong right.
なるほど、"dominant hand" とも言うが一般的には "handedness" が普通に使われるのですね。 "handedness" ならどの辞書にも説明があります。
・Oxford English Dictionary: The tendency to use either the right or the left hand more naturally than the other.: injury has forced him to change his handedness
・Collins Dictionary: ability in using one hand more skillfully than, and in preference to, the other: He even believes that the census should contain a question on handedness.
ここで気になりました、"handedness" だと手についてなので、足については "B>footedness" と言うのかなと? 辞書で確認します。
・Merriam-Webster's Online Dictionary: the dominance of one foot over the other: ambidexterity and mixture of eyedness, handedness, and footedness
・Free Dictionary: the property of favoring one foot over the other (as in kicking a ball)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« fathered | トップ | romps home »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

英語の本を読む」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。