English Collection

日頃目に付いた覚えたい英単語、慣用句などの表現についてのメモです。

error

2014年03月26日 | 英語学習
NHKの日曜美術館という番組で河鍋暁斎の特集を見ていたところ、鹿鳴館やニコライ堂の設計をした建築家のJosiah Conderが河鍋暁斎の弟子になり、後に河鍋暁斎の事を本に書いた事を知り、その本を読みたいと思い地元の図書館の蔵書を調べましたが、その本はありませんでした。しかし Conderが書いた "Landscape Gardening in Japan" と "The Flowers of Japan and the Art of Floral Arrangement" の二冊の本がありました。そこでまず前者の本を借りる事にしましたが図書館に取りに行って本の大きさにちょっとびびりました。厚いA4サイズなので持ち運びにちょっと不便です。会社の昼休みと通勤の行き帰りの電車の中でしか読まないので大きな本は余り好きではありませんが、しかたありません。
まだIntroductionの途中までしか読んでいませんが、意味がよく分からない単語が出てきました。しかもその単語は仕事でも毎日のように見かける "error" です。 "error" が出てきた個所を下に引用しますが、この文は "Landscape Gardening in Japan" の著者 Conderの文ではなく、Miltonの詩を引用した個所にありました。
Rolling on orient pearl and sands of gold,
With mazy error under pendent shades,
Ran nectar, visiting each plant, and fed
Flow'rs worthy of Paradise, which not nice art
この "error" は誤りでも、測定器の貿易に携わっている関係で毎日の様に見かける "error" (誤差の意味)でもありません。さてどんな意味があるのでしょうか? どの辞書を見ても引用した詩の文脈に合いそうな意味は中々見つかりませんでしたが、次ぎの古い辞書にそれらしき意味がありました。
・Webster's 1828 Dictionary: A wandering; excursion; irregular course.
・Webster's Revised Unabridged, 1913 Edition: A wandering; a roving or irregular course. [Obs.]
この意味では現在は使われないのでしょうが、"irregular course" を行くことは道を誤ることなので、誤りや誤差との共通点を感じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加