長靴を忘れた王様

日頃のちょっとした思いつきを書いています♪

花粉症は免疫力をアップすることで改善できる

2016-02-17 14:24:40 | 花粉症
今年もはや2月の中旬となりました。
全国で春一番の頼りが届いたりしましたが、その翌日からはまた寒さが戻り、全国的に冬の気温となっているみたいです。

さて、このポカポカ陽気が近づくこの季節になると毎年困るのが花粉症の方です。
さらにこの花粉症、今なっていない方もいつ何時発症するか分からないので厄介な病気です。

花粉症の対策としてまず上げられるのがマスク、最近では中国からのPM2.5の影響もあり高性能なマスクが多く出まわるようになりました。
当然ですが、花粉症専門と言ってもいいマスクもたくさん販売されています。

>>花粉症対策のマスク(楽天より)

花粉症はそのメカニズムが未だに解明されていなく、絶対的な改善方法がありません。
昔は杉の花粉がとか言われていましたが、最近では杉だけではなく色々な花粉やアレルギーでもなるようです。
そんな厄介な花粉症ですが、どうやらある程度の改善が期待できる方法があるみたいです。
ある程度と書いたのは、例えこの方法でも中々完治まではいかないからです。
しかし、あの苦しい花粉症の症状の改善に期待できるなら、試してみる価値は十二分にあると思います。

花粉症と免疫力の関係


最近では花粉症になる原因は、免疫力が衰えて体内に入った異物に対する過剰反応が引き起こしていると言われています。

花粉症になっている人が花粉を吸ってしまうと、白血球にあるリンパ球のTヘルパー細胞というのが花粉を敵だと判断し、抗体をつくって体の外に追いだそうとします。

花粉症の症状でくしゃみや鼻水がでるのはこの抗体の働きが表面に現れたものです。

もし、この抗体をつくらないように出来たとしたら、当然ですがくしゃみや鼻水などは出にくくなると言うわけで、今では花粉症の基本的な対策として免疫力を高めようという動きがあります。

免疫力を高めるのに必要なこと


免疫力を高めるためには、タンパク質とタンパク質の代謝を促す水溶性のビタミンB6を摂る必要があります。
このビタミンB6は魚や貝類、豆類にも多く含まれていて、水溶性でなくてもリンパ球の抗体を抑制する働きがあると言われています。

魚の中でも青魚の魚油には、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)という成分が多く含まれていて、これらは花粉症の症状を和らげる効果があるとされています。

今年の花粉症は、このような免疫力を高める良質の食材を食べて花粉症を乗り切りましょう!

-追伸-
食事で免疫力を高めるのも大変です。
こんな時に便利なのが健康食品ですが、色んな物があってどれを選べばいいのかよく分からないと思います。
色々と調べた所、こちらのやまだ農園本舗のやまだの青汁30というのがビタミンB6をはじめB1、B2がバランスよく調合されているとのことで紹介いたします。
花粉症でお悩みの方はぜひお試しあれ。

>>やまだ農園本舗のやまだの青汁30はこちらをクリック


今なら毎月1000人限定で、通常価格2679円が初回限定980円で買うことができるようです。
ただし、モニタコースだけですが…。
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 痩身の達成者が推薦出来る成功間... | トップ | 育毛ローションQEPPERケッパーが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。