古代史最前線 情報特急便

古代史・近現代史・考古学・文化を中心とした総合文化系情報収集サイト

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

久し振り

2007-12-10 15:59:46 | はやりもの
<script type="text/javascript" src="http://www.assoc-amazon.jp/s/link-enhancer?tag=ragnarok030-22&o=9">
</script>
<noscript>

</noscript>
コメント (17)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

NHKスペシャル 日本人はるかな旅〈第5巻〉そして“日本人”が生まれた

2005-01-29 07:38:52 | 古代史
NHKスペシャル 日本人はるかな旅〈第5巻〉そして“日本人”が生まれた

日本放送出版協会

このアイテムの詳細を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第11巻 巨龍の胎動(毛沢東VS小平) 講談社

2005-01-27 20:17:00 | 古代史
第11巻 巨龍の胎動(毛沢東VS小平)

講談社

このアイテムの詳細を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

口語訳古事記 完全版 文芸春秋

2005-01-27 20:15:02 | 古代史
口語訳古事記 完全版

文芸春秋

このアイテムの詳細を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本書紀の謎を解く―述作者は誰か

2005-01-27 20:13:53 | 古代史
日本書紀の謎を解く―述作者は誰か

中央公論新社

このアイテムの詳細を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水田の下から大古墳群=有力豪族・和珥氏の墓域か-奈良

2005-01-26 20:45:13 | 古代史
水田の下から大古墳群=有力豪族・和珥氏の墓域か-奈良

 奈良県立橿原考古学研究所は26日、同県天理市和爾町で、古墳時代後期(6世紀後半~7世紀前半)の円墳計29基を見つけたと発表した。墳丘は直径10~25メートルで、いずれも削り取られて水田になっていた。周囲にはまだ発見されていない古墳も多数あるとみられ、合わせれば350~500基ある全国有数規模の古墳群の可能性が高いと、同研究所はみている。
 古墳群一帯は、6世紀後半まで大王(天皇)家に妃を出した有力豪族の和珥氏の本拠地とされていて、同研究所は「和珥氏の墓域だったのではないか」と話している。 
(時事通信)

ソース
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本と朝鮮 吉川弘文館

2005-01-25 22:28:57 | 古代史
日本と朝鮮

吉川弘文館

このアイテムの詳細を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<縄文の漆塗り>極めて高い技術の副葬品復元へ 北海道

2005-01-25 07:22:46 | 古代史
<縄文の漆塗り>極めて高い技術の副葬品復元へ 北海道

 北海道函館市臼尻町の垣ノ島B遺跡(旧南茅部町)で発掘され、02年12月に大半が焼失した世界最古とされる漆塗り副葬品が、漆を3層に塗り分けるなど極めて高い技術で造られていたことが奈良文化財研究所と道教委、旧南茅部町教委の共同研究で分かった。専門家は「当時としては驚異的な技術」と評価している。南茅部埋蔵文化財調査団(石坂新一団長)が3月末をめどに復元を目指す。
 副葬品は縄文時代(約9000年前)の遺物。髪留め、左右の肩当てなど5点が土坑墓から00年に見つかった。保管先の事務所が全焼した際に遺物も焼けたが、左肩当て(原形は縦約40センチ、横20センチ)の半分が焼け残った。
 報告書によると、左肩当て全体の約4分の1の部分に塗られた漆が残っていた。漆は二つの芯材(材質は不明)をたばねるようにコイル状に巻き付けられた糸の上に塗られていた。この漆をX線で高感度デジタル画像処理したところ、漆の塗膜は最大1ミリの厚さで3層に分かれていた。赤みを出す酸化鉄の含有率は層ごとに異なり、最上層部45%に対し、最下層部は18%だった。
 道埋蔵文化財センターの第1調査部第1調査課の田口尚課長は報告書で「完成度の高い漆工技術を持った集団が道南に存在したと考えられる」と指摘する。
 復元には北海道考古学会の義援金30万円を充てる。調査団は「焼失した部分はレプリカ(模造品)で再現し、全体像が分かるように復元したい」と話している。
【安味伸一】
(毎日新聞)

ソース
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三国志の世界(後漢 三国時代) 講談社 中国の歴史

2005-01-24 13:35:47 | 古代史
三国志の世界(後漢 三国時代)

講談社

このアイテムの詳細を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

発掘捏造 毎日新聞社

2005-01-23 23:39:52 | 古代史
発掘捏造

毎日新聞社

このアイテムの詳細を見る


日本人のルーツ探しのロマンに彩られた「最古の旧石器発掘」への挑戦が、実は自作自演だった。教科書の書き換えにまで波紋を広げた上高森遺跡での発掘捏造はなぜ起きたのか?一部で暴走する孝古学と、それを止められなかった学界の体質。さらに報道のあり方と使命を、毎日新聞旧石器遺跡取材班が自戒も込めて総括・検証する決定版報告。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加