結婚したいOLのブログ

結婚したいけどなんか疎い私の婚活BLOG

男終わり(カジャンジャリ)ワガムジャない話が下手だ

2017-04-24 03:45:03 | 日記
男終わり(カジャンジャリ)ワガムジャない話が下手だ

男性が新しい女性と話をする時は、タワガムジャない話に上手に一緒にする。 女性が話好きな(の)と本能的に知っているのでつきあうことだ。 新しい女性と終わり(カジャンジャリ)ワガムジャない話が新鮮で、その女性を分かる意味を興味の大想到することになる。

胸の内が知らされた女性で終わり(カジャンジャリ)ワガムジャない話は下手さになる。 その時の男心理は『結論をはやく話して』だ。 特に一位に忙しい男はプロセスの話より、返事をいち早く要求する。 『したがって何? どうなったのだ』話の答が出てくる時までの男の顔をじっとあなたは見たことがあるだろうか? 多分いらだっていているだろう。

彼が焦燥している形が見えれば、結論を急ぐことだ。 =を先に話せば良いだろう。 女性は=より冷めるたくさん話す。 加えたり抜いたり、かけたり分けたり。 結局いよいよ1+1にやっと到着する。 『何かそのような簡単なのか、それをさらにはやく話せ』行って男の結論だ。 ぐるっと回して話した話より、ゴールを早く決めたいのだ。

なぜそういうことを使ったのか、男女の差を分かる同時で使っていることだ。 その差がいよいよ摩擦を産んで、悪化すれば別れることの原因もなるためだ。

女性どうしの会話終わり(カジャンジャリ)ワガムジャないことから始まって、結論は後に置いておいて(結論はこの違うかも知れない)話のプロセスを楽しむ。

男性どうしの会話は結論だ。 そして解決策だ。

女性は話のプロセスを楽しんで、男性は結論を考える。

変えておくと、トラブルがあった男女の会話はこのようになる。

例えば、男性がそっと浮気性をしたとしよう. 居酒屋に行ったのを彼女に見つけられた時・・・

女性はもちろん嫉妬して、彼の行為は容赦できるのではない。 なぜ居酒屋に行くことか男の心理は分からない。 日のつきあうかも知れない。 本人は行きたくないことに、会社の同僚がムリハゲに連れて行ったことなのかも分からない。 あるいは彼自身この私よりも【キャバ】両側が若くてぴんぴんしているので鼻下を延長させて手善良で行ったことなのかも分からない。 私があるのにもなぜ居酒屋に行くことなのか、すべての方面で掘って尋ねないと納得できない。
男の返事は、『交際みなです』それのみだ。
ア牛、会社の男交際ですね。 男は交際が重要なためです。 煮込んで彼女の返事がそれであることを多くの男性は願っている。

ところで、その返事で充足する女性は世界中探してもないだろう。

****/・・・??? &&&~~~文章に集められない女性の追求が続く。

その男の顔には苦痛や不安が浮び上がっているだろう。

女性は男性が居酒屋に行くことより、なぜそうなったことなのかその過程を聞きたいのだ。

『二人に対してまともに相談をしてマ担う』女性の対話価値は本当に二人で相談するプロセスにある。

ところで男性は、二人で相談することに別に価値を捜し出さない。 『不満ぶつかっているということだね』チョンドエバクに聞こえない。

何も男が居酒屋に行って、女性に促されているシーンだけでなく、男は対話によるプロセスが下手なのだ。 『二人に対してまともに相談をしましょう』という(は)女性が最も重要視している対話のプロセスに対し、男は不満をぶつかっていることにするのか聞こえないといえという事実がある。

なぜ不満をぶつかっていることにするのか聞こえなくなったものか、それが隠された問題だ。 いよいよその問題が大きい危機を招いて、悲劇になる。

しばしば男は女が話さないとすることを理解するのは難しいと感じることだ。

男に対しは明確に現実的に『このようにして望む』だと簡潔に話す方がより良い。 ぐるっと回して話すように話すことより、向こう側が気楽なのだ。 【キャブクラ】行ったのが嫌いならば、はっきりと嫌いだという態度を示した方が男は納得ができる。 それをいつまでもねちねちとある態度で厳しく追及することができると、男の習性でボア嫌いなのだ。 交際の中(中)でそういうプロセスが頻繁に起これば、男は不満をぶつかっていることにするのか聞こえない耳に育つことだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不安・不幸は否定すれば起きない | トップ | 男の『愛の話』という(は)... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。