結婚したいOLのブログ

結婚したいけどなんか疎い私の婚活BLOG

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

男は結婚したければ本心から考えている

2017-05-03 19:40:02 | 日記
男は結婚したければ本心から考えている

100人にひとりや二人は生涯結婚したくないと考えている男もいることに入る。 だが、それはカヤの外であなたの恋愛相手でもないし、眼中にもない相手だ。

一般的な男は、どの男でも結婚を本心から考えている。 それはまちがいない。

点観に来る男性のお客さんもそうだ。 数は少ないが500人以上は見ている。 その500人の男たちの結婚カンは全部真剣なのをここで証明したい。

どの男性もいつかは結婚したい。

単に、女性の結婚官途そうだと思うが、時期とタイミングがある。 そのタイミングが非常に合わないのも事実だ。 タイミングまで合えば全部結婚しただろう。

男のタイミングはやはり日課連動していること側が多い。 ほとんどのそうだと話しても良いだろう。 中にはまだ遊びたいとか、自由で痛いので、将来目標にすることがあることでも、家庭環境に問題があるという理由で結婚は考えていなかった男もいるが、大部分が仕事にの不安、不安定要素が結婚を遅らせていることだ。

男は互いに含まれている彼女がいる時は結婚を別に考えないのに、彼女がない時期が長く(長く)続けば妙に結婚を考え始める。 それならつきあっている時期になぜ結婚をしなかったか? これだと聞いても、その時はそのような考えを持たなかった。 仕事が忙しくてタイミングが合わないとか明確でない理由が多い。

女性特有の感情論戦が勃発しないことだ。 彼女が重くて嫌いだったとおかしな頭を横に振ってある感情の歴史らしいの話が大部分でない。

どちらかだとすれば淡泊に結婚できなかった理由を抽象的に答えている。

彼女が粘り強くて面倒で自身に恋愛の責任と圧力だけ歩いて重くて嫌いだったなどという話は別にしない。 男は知っていることだ。 その女性の感情特徴を。 またヘオジョジナチゲあると見れば、何年すぎてならばそれがまた懐かしくなるのも男だ。

そして後悔や反省らしいことも別にしない。
それは感情出身の未練の中(中)に取りまとめているので、男は失敗した恋愛の過去に対してたくさんを聞こえてくれない。

それなら・・・・
今ここに訪問している女性の皆さん.

あなたは彼に重いと考えられるのを活発に心配しているけれど、そんなに心配するのはないので増えた。 そこに恐れて一歩踏み出すことができない方が反対に恐れたのが起きると考えませんか?

もちろん重さには程度もある。 不安だと焦るようになって調整するヒステリックな感情はどの男も嫌いだ。 だが、女性特有の親しいある誠実な真心ならばいつか伝えられるのではありませんか?

単に、恋愛中の男はその真心を分からないこと側が多い。 変にゆっくり座ってしまって。 彼女が反しているのにも自惚れているということなのかも分からない。 恋愛は反した方この敗北という失礼した話があるが、男はそれをそのまま受け入れている傾向がある。

そして彼女を失って何年すぎてで識別することだ。 『重要な人を失ったと。 』

その時はすでに時をのがして、女性はすでに次に通っている過去は振り返ってみないで他の誰かを好きになっている。

タイミング.

男と女はタイミングが外れている。 最もタイミングが合えば、全部はやい時期に結婚しただろう。 『結婚はよどみなくタイミングだ。 』

今夜もタイミングをのがした男性がここに点観を訪問した。
過去に重要な女性を失って・・・・彼女が熱心にしたその時期に自身が後悔して・・・

『私はいつ結婚できることというお金・・・と』
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鴨カップル | トップ | 11/23公休日の点観 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。