結婚したいOLのブログ

結婚したいけどなんか疎い私の婚活BLOG

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

女性が新しい恋愛に心が揺れる時

2017-07-06 19:15:03 | 日記
女性が新しい恋愛に心が揺れる時

それは決して浮気性があるんじゃない。 『それでも浮気性がある』という人は間違っている。

本当はある女性は好きな人に一筋だ。

だが、終始一貫した人はこちらを振り返らない。 苦しさの中(中)で放っておかれている。

女性が誠意をつくしても男は某薬務人に身勝手な行動をする。

昔読んだおもしろい週刊誌の記事です。 アメリカの浮気性に関する裁判で、主人に放っておいた妻が浮気性をしたという。 主人は許容できなければ慰謝料を請求したところ、反対に放っておいたことは主人が無責任で悪いといって反対に妻に慰謝料を支払わなければならないと判決を下されたこと。 日本ではありえない話だ。

男の恋敵は、そのような女性たちに自ずから現れる。 別に女性がそれを強く要求したのではない。 放っておいて、苦しんでいた女性たちが偶然に偶然に会う現象だ。

全部酒を飲むことで、偶然に隣になるようにした男性や、常連の病院で治療に合った先生や、職場の同僚や、趣味やサークルの同僚や、英会話、コンピュータ教室で互いに分かったり・・・と、その女性たちは普段の日常生活で彼の恋敵男性ということを互いに知っている。

もちろん互いに分かったといっても女性はまもなく愛に陥るはずがない。 あくまでも恋愛感情は彼に置かれている。 自分勝手にこれが行動する男に対しても女性は好きなことだ。 放っておかれても自身の愛情が足りないので彼はそのような態度を取ることだと反省する女性さえもいる。

女性の『好きで』という気持ちは男には形容しにくい感情だ。 他の人には分からない、それはその女性しか分からないことだ。 自身の真心がいつか彼に伝えられると信じてりりしくて勤勉に努力を継続することだ。 その好きな(の)でする気持ちは宇宙のような不可解な感情だ。 第三者は傷ついた彼女を見て、『あんな男止めれば、あなたにはさらに似合った人がいます』だと忠告されても、本人は聞き入れようとしない。

友達や他の人に『しないことにしろ』だと非難されながらも不毛ある恋愛から脱出しないことだ。 わが方を失った女性はますます彼に落ち込むことだ。 自身の意が成り立たない相手に。

そのような女性に新しく自身に好意を抱く男性が現れる。 熱心に辛い恋愛をしている女性程度現れる確率が高い。 熱心に辛い恋愛をしている女性は、愛情が豊富で感受性が高いので、そういう男性を近く引っ張って引くということなのかも分からない。 あるいはシニ熱心にした褒賞として、彼に対抗する新しい男性を出現させるということなのかも分からない。 私は恋愛体質の女性が自然に近く引っ張って引くことだと解釈している。

それは、今まで気持ちがその1個だった女性の心が動くことになる。 他の男性には興味がなかったのに、なぜか新鮮さを感じる。 彼にない部分の男性を意識し始める。 たいていそういう男性は彼とは正反対であるタイプの男性が多い。 乱暴な彼ならば、誠実でやさしい男性. 概略的な彼ならば着実で几帳面でギガつく男性. 正直荷物数ふらふらしている彼ならば正確にことを有している男性とか、対抗船上に彼とは違ったタイプが現れる。

また、そういう男性は、恋愛に熱心にして感受性が強く愛情が豊富な女性が疲れている要素から龍湧く打つ女性が美しい部分を見なくてのがさない。 本能的に察知して、保護欲求が高まってくる。 その本能に火がつくと、やさしくて、紳士的に、ていねいに、親切に接してくる。

その男性が、やさしく親切に自身に相手にすれば接する程、女性は彼との間で起きている欲求不満が解消されることになる。

彼は振り返っても赤い色、しかし新しい男性は私を大切にする。

多少の罪悪感と戦って女性は孤独だということを満たすその男性に少しずつ引きずられて行く。

ただ、その男性と交際することはない。

あくまでも実名はそれ(彼)に、彼との関係が100%終わらない限り、女性は正式にその男性とは互いに含まれないといえということが女性の原則になる。

睡眠始動案秤にかけた状態が続くことになる。

その秤にかけた女性特有が牛乳絶え間ない状態でこそ行って、

『彼に危機を与えられるものだ』

続く。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自身のスタンスを作るとすぐに | トップ | 金曜日のお昼 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。