結婚したいOLのブログ

結婚したいけどなんか疎い私の婚活BLOG

なくす危機が男の優先順位を上げる

2017-06-17 12:25:02 | 日記
危機に直面した男は真剣になる。 仕事のためにも恋愛でも。

しかし、そんなにでもでない男もいる。 それは、敗北者根性が汚された男だ。 仕事のためには、するつもりがない。 止める心があるので、危機を回避担うと考えないで、危機を良いことに仕事を辞める方を選択する。 恋愛でも同じだ。 彼女とは別れても良いと考えているので危機を幸い別れることを決心する。

あなたの彼はどちら側の男であろう・・・、とにかく敗北者根性の男という(のは)、あなたの幸福はない。


それは、あなたの目に頼るしかない。 あなたは彼を毎日考えている。 それに対しては、すぐにあなたが一番よく知っている。


よく知っているあなたが、小さいのを分からないふりハ甘いことなくて、それに対して判断を下せるはずだ。


彼に危機を与えた方が、私をさらに大切にすれば。


男は鈍感だ。 その鈍感欄、感受性が鈍いのだ。 そこに比較して女性は感受性が男に10倍高い。 したがって、彼の一言・一言や態度や行動が自身の愛情と少しでも違えば極端に考えたり、不安になったりする。 男の感受性鈍いことは仕事のためには役に立つことになっている。 小さいこと、どうでも良いことに、詳細に感受性ユタカが作られれば、仕事をすることができないためだ。 ことは実務が優先で、わずらわしい人間関係の感情には鈍い方が能力を発揮することができると男は信じている。


男が鈍感なのは、ことを継続するために、一路から訓練されたことであるためだ。


しかし、それが男の性格になって、恋愛にも影響を及ぼす。 恋愛の初期と比較すると鈍い男たち、そんなにあなたの彼だ。


感受性が鈍い男たちは互いに近しさになった恋愛には適当にする。 問題がなければ、このまま良いと考えている。 そこに彼女が自身に反していると分かればより一層調子にのって適当にする。 自身状態(都合)で交際するようになる。 男はそれで良いと考えている。 継続することが重要で女性が期待するのは与えようとしない。 そのような男も中に入る。


そのような男には、やはり危機を与える方がより良い。


危機とはあなたを失う恐怖だ。


感受性が鈍い鈍感な男は危機を与えることで目を開いて真剣になる。


ただ、彼が敗北者根性ではないという条件付きだ。


その確認の方はあなた自身にある。


互いに近しさで自身の状態(都合)で恋愛を推進している男に対しの対策は、一度真剣に別れる危機を彼に与える方がより良い。


そして、その方法は・・








次回ブログ下です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 男の真心も | トップ | 沈黙 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。