行動派の I love muscle beauty!

強い者は美しい・・・

Digest of 2017 Michelob Ultra Bodybuilding & Body Fitness Championships and Int'l Invitational (5)

2017-11-21 22:42:49 | 観戦記2017


Results of 2017 Michelob Ultra Bodybuilding & Body Fitness Championships and International Invitational (NOV 19, 2017, Guam, USA)
Bodybuilding (Japanese only)
Bantamweight Class (-65kg)
2 HENMI Fujio
Lightweight Class (-70kg)
1 ASANO Kikuo
Welterweight Class (-75kg)
3 HIROTA Toshihiko
Masters
2 HENMI Fujio
3 HIROTA Toshihiko
Overall Winner
ASANO Kikuo

2017日本・グアム親善大会の結果(日本選手のみ・敬称略)
ボディビル
バンタム級(65kg以下)
2 辺見不二男
ライト級(70kg以下)
1 浅野喜久男
ウェルター級(75kg以下)
3 廣田 俊彦
マスターズ
2 辺見不二男
3 廣田 俊彦
オーバーオール優勝
浅野喜久男

こんばんは。
今日は、2017年11月17日に行われた日本・グアム親善大会の、男子競技のダイジェストをお送りいたします。
まずは、ボディビルからご紹介いたしましょう。
日本からは、浅野喜久男選手・廣田俊彦選手・辺見不二男選手の3人が参加しましたが、廣田選手と辺見選手は体重別クラスのほかにマスターズにも出場していました。
最初の4枚が予選の模様で、次にウェルター級・辺見選手のフリーポーズと表彰式、その次にライト級・浅野選手のフリーポーズと表彰式、そしてウェルター級・廣田選手のフリーポーズと表彰式を各1枚づつご紹介しました。
辺見選手のフリーポーズは、ニュージーランドのマオリ族の「ハカ」(ウォークライ)の動きを盛り込んだ、大変面白いものでした。
最後の4枚は、体重別各クラスの優勝選手同士によるオーバーオール決勝の模様です。
オーバーオール決勝には、ライト級優勝の浅野選手も参戦して見事優勝を勝ち取りました。
オーラスの写真は、例によって吉田真人さんとのツーショットです(爆)。
以上が、ボディビルのダイジェストでした。
ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Digest of 2017 Michelob Ult... | トップ | Digest of 2017 Michelob Ult... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

観戦記2017」カテゴリの最新記事