詩人の血

今日も作詩、明日もまた、本格詩人のブログ。

中国共産党員を赦す

2014-01-27 08:11:24 | Weblog
習近平以下序列100番程度の共産党員居て
白光のエーテルキリストいつも君らと一緒だから赦しだから


中国共産主義の雪女党員の間に漂い兵馬俑に塗り込めて
ベーリング海に捨てちまいな!


赦しがなければ報復に続く報復 この世の地獄
あなたを赦すと宣言しよう中国共産党よ!


取り急ぎ一筆
いってきます!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

煉獄の地は美しいのか?

2014-01-26 17:54:26 | Weblog
黄昏に大事にしている本を失くしたどうしても見つからないんだ
心に一本あった支えを失った空洞の様な夕焼け


急がなかければ!時は非情に待ってはくれまい
キリストの虜になった生き様示せるか?


空に星を見つけた金星?土星?地上から見上げれば
天界の星々の見える煉獄の地は美しいのか?


所用で少しの間投稿を休みます。
皆様のご健筆を祈って。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

罪の中で自らを罰するイメージ

2014-01-25 21:03:42 | Weblog
灼熱のギラギラ天火の様な太陽 羽根の抜けた鴉が
突風に翻弄され 唇はカラカラ延々と続く砂漠
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

錯乱が解き放たれた

2014-01-24 16:13:00 | Weblog
錯乱が解き放たれた 黙示録に触れよ!
しかしキリストを信じた群れは平安の中永遠の命を得る


チベット ヴィグルとても心配している
あの冷血のロボットの様な共産軍が蹂躙するのではないかと


神 この宇宙超えた大きさで存在して
その外側で我々の図り知れぬ活動している


日当たりの良い部屋で華厳経読んでいる
分節ごとにアーメンと心で唱えながら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

整列した生徒達

2014-01-23 19:25:05 | Weblog
春の芽生えに奉仕する3人の「春の人」がいる
師は太陽の時を伸ばそうと若枝を折り呪文を唱える


もうすぐ春風がやってくる 節を分ける節分
2月上旬は若芽を迎える準備で香を焚く


一分の狂いもなく整列した生徒達各々の目標を
見定めて友愛の情 示し勉学する姿眩しく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

逝った友に

2014-01-23 10:49:36 | Weblog
薊の紫に黄色の蝶白い蝶蜜を吸い
花々を移動して逝った友を霊界に尋ねるように


虹が出たぞ!天使は虹 人のオーラも七色
その周りを飛び回り世界に夢が一つ二つ生まれ出る


天使も悪魔もその羽落としたのだ
ちゃんと服を着た人間となる決意を天に示した
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅への誘い

2014-01-22 19:34:29 | Weblog
君!旅へ出ないか?もうすぐ春
昨日の部屋から服を着替えるように
旅立たないか?太陽は輝いていて

数冊の本と甘い炭酸水 机に椅子
本を夢中になって読めば
バッグを抱えて電車に乗ったり
バスに乗ったりよりも

もっと遠くへゆける

良書を読まないか?
車窓の風景の代わりに
活写された人間の真実

旅の疲れとてない
部屋にいたまま世界を巡る
活字になった世界を求めて…
いい著者に出会おう

いい書物を!
詩集なら

ゲーテ ハイネリルケ ヘルダーリン
バイロン シェリー ブレイク

さあ! この飲み物をのみたまえ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

壮絶なまなこ

2014-01-22 14:24:43 | Weblog
書き物をしている机がギチギチ鳴って
一つの短文が出来上がる事実の残響


就寝前の一片の苦い薬のおかげで
朝の目覚めは小鳥に起こされる濃いコーヒーと本


電波望遠鏡が地球の自転に合わせて
一斉に同じ方向を指し示す 壮絶なまなこは


蒼く煙る遠い山々に願いをかけて
神にも祈ろう読経もしよう天使らよ菩薩らよ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黙示録

2014-01-21 22:06:23 | Weblog
黙示録に書いてある

天変地異で地球が破滅するって
黙示録にかいてあるよ

大丈夫いつの時代もそういう人はいた
黙示録読んで自殺した人もいる

それより君! 君のやりたいことを悔いなく
思い切りやりなさいな!

ゲーテもファウストの冒頭に書いているよ!
初めに行為があったと…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天使や悪魔の翼

2014-01-21 19:38:53 | Weblog
己が宇宙支える程の気概で
言葉扱えたら世界は微笑むのだろうか


一瞬法悦のように世界がとても親しくバラ色に
見える時がある好きなシュタイナーの言葉に痺れて


神的な軽い憑依や天使の翼も捨てて
この身一つ着衣の身体ができることを捜す


蒼く彩られた唇から発言する
遠のく宇宙の神秘 月の裏側が見えぬ不思議
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真綿で首を絞める

2014-01-20 19:59:21 | Weblog
百の言葉並べ立てても卑怯な我居て
いつもいつも己を裏切り続けている


世界が真綿で首を絞めるように変化する時
人々が病み何を価値にしていいかわからぬ時に神は


音楽に色彩があるように言葉扱っていると
立ち昇る色とりどりの淡い靄在って割れの周りを回転する
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢博士の独白

2014-01-20 13:06:12 | Weblog
三日月と金星 明るい都会で見える星それは
空に穴が空いて天界の光が漏れているのだ


青く遠のく扉 開く日は太陽光が射し込むと
湿った地面を乾かして蒼白の子供達が夢を植える


ベッドの上で吸う息 吐く息をゆっくり数えて
今から霊界のカーテンを開くその魔境の世界へ


夢博士の独白に唯一の現実と思っているこの世界に
独立した小島のような事実があり 夢の大洋が手を伸ばす
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

狐憑きの共産主義者

2014-01-19 09:33:26 | Weblog
コニュミズムとシャーマニズムが結びつく悪夢
野蛮 退行 淫靡 狐憑きの共産主義者め


魂の内側に鏡の在って それを破って
「破壊のかまど」を解放し自我を晒して陶冶する


衰亡してゆく国家を他人事のように眺めている
寄生官僚に食い破られた がん転移国家
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天界から地獄界まで

2014-01-18 20:29:07 | Weblog
青い四角 赤い三角 黄色い丸色彩が意志して
林立するカンディンスキーは星降る音楽


十字架の交点のバラ口を開き呪詛を述べて
一対の蹄持つ山ヤギの頭のデーモン鞭持ち


人間は地球進化の終わりに盲目になった
ファウストの様になる シュタイナーの言う


天界から地獄界までベッドに横たわり
目瞑ってその動画動かして見ている寒い夜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

軍用ハマー

2014-01-18 16:45:28 | Weblog
満月の前後 龍宮からの海蛇の道できて
お供の歩むざわめき風に混じって聴こえ


意志が起立してドラムが8ビートを刻み
流れの時空にエレキギターが炸裂してロックする


女自衛官四人組ハマー改造した軍用ジープで
無謀な運転をしてコンビニに駐車した


「見よ!神の子羊だ!」という聖句読むだけで
体に電流が通るほど鳥肌が立っている
コメント
この記事をはてなブックマークに追加