詩人の血

今日も作詩、明日もまた、本格詩人のブログ。

秘密

2012-07-30 18:23:10 | Weblog
不思議なことに
正法の話題が机上に上ると
メラメラと憎くしむ感情が
湧きあがってくるのだ

魔が出なければ正法と知るべからず 日蓮

正法の話が少しでも出てくると
怒りや強烈な否定の感情に駆られ
口を開かずにはいられなくなるのだ

不思議だと思わないか
君は確かに正法の話に反応しているのだ

素直な「縁」を順縁
否定的な入口から入るのを逆縁といい

そこは創価が何万回と経験した領域

逆縁から入った人のほうが
創価を守る力が強いともいう

夏の一日に多くを見た
正法は全ての人間を見捨てない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あるべき夏の一日

2012-07-29 09:29:31 | Weblog
気の遠くなるほどの暑さも一服
今日は窓を開け放ち
本来あった夏を楽しめる
ニイニイ蝉が鳴いて
汗が胸元を流れる頃

たっぷりのインスタントコーヒーに砂糖・牛乳
多量の氷でアイスコーヒーを作る

午前中の飲み物はじっとりグラスに汗をかいている

「新人間革命」も10巻目 もうすぐ読み終わる
かけがえのない夏の一日を
冷コーヒーと本で埋め尽くして
昔懐かしいあるべき夏の日を楽しんで

窓から空を見上げ
雲の行方を無心に追った
入道雲と抜けるような青空の日

君よ 見えるか あの理想の峰々

我々は一歩一歩
つらい不幸の中にも希望を求めて

登るのだ
あのヒマラヤの山々へ

すると ふっと涼しい一群の風が吹き抜ける
そんな夏の一日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あるべき夏の一日

2012-07-29 09:29:31 | Weblog
気の遠くなるほどの暑さも一服
今日は窓を開け放ち
本来あった夏を楽しめる
ニイニイ蝉が鳴いて
汗が胸元を流れる頃

たっぷりのインスタントコーヒーに砂糖・牛乳
多量の氷でアイスコーヒーを作る

午前中の飲み物はじっとりグラスに汗をかいている

「新人間革命」も10巻目 もうすぐ読み終わる
かけがえのない夏の一日を
冷コーヒーと本で埋め尽くして
昔懐かしいあるべき夏の日を楽しんで

窓から空を見上げ
雲の行方を無心に追った
入道雲と抜けるような青空の日

君よ 見えるか あの理想の峰々

我々は一歩一歩
つらい不幸の中にも希望を求めて

登るのだ
あのヒマラヤの山々へ

すると ふっと涼しい一群の風が吹き抜ける
そんな夏の一日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

混血

2012-07-28 11:08:46 | Weblog
聖教新聞に御本尊を前にした
300人ほどのボリビアの人々の記念写真が載った

世界中の同志の写真が多く載るが
南米のそれは深くくすんだ
空気が映り込む

人と人の生体反応が見え隠れする

インカの血の色が各々の人々の皮膚から
滲み出てその場を支配する

遠くインカの血脈がラテンと混じり
古代世界を演出している

リオのカーニバル
これ古代の儀式そのものだ

ボリビア中南米にはインカとラテンの
血が混じり合い

濃いエーテルを形成して
我々に迫る

古代の血が
濃い風の中 叫ぶ

この一枚の写真は
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

友へ

2012-07-26 08:55:23 | Weblog
真っ盛りの夏がやって来て
私は寂しさの中にいる

失った友は
こんな夏の日に逝った

まるで宿業であるかのように
消えていった

今は私一人
貴方と二人だけ

終焉に向けて
貴重な日々を紡ぐ

若者にメッセージを送ろう
私の生きた証拠に

空は晴れ上がり
希望の暑い太陽は昇り
そう言い切って
一生涯 悔いなく生きていこう

失った友と
Netの新たな友へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たった一つの歌

2012-07-24 11:29:22 | Weblog
苦しい時 悲しい時
これだけは真実
私に寄り添うように歌があった

何もかも捨て鉢に
壊してしまえ!
そう思った時にも
それを実行した時にも

心の奥底
歌が歌われていた

優しい気分の時
荒れた気持の時
その各々に歌があるから

今日まで生き続けたんだ
とうに消えていた命
命を救ったのは
たった一つの歌

この世に留めてくれた 歌

今日も陽は昇り沈む
この大きな自然の中で

感謝しつつ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

優しい風

2012-07-23 16:24:15 | Weblog
優しい風だね
午眠の3:00を
窓越しに通り過ぎる風

母の腕に包まれたように
そよそよと吹く風
淡い午後の夢を織っている
柔らかい風

空を見上げれば
素朴な白雲がゆっくり
この青空を流れていって

世界の果てまでも行き着く様子

夢を一つ二つ
氷枕の下にしまって
ゆっくりと時を溶かしてゆく

都市の午後は
確かに
新たな牧歌を謳う
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火宅の人

2012-07-22 22:18:18 | Weblog
時として
火事現場で働く
消防士の気分だ

法華経に見るまでも無く
この世は火宅
私は欲望 妬み 嫉み(そねみ)で
ゴーゴーと燃える家に住む 住人

そこで必死に 鎮火作業をする
有志の消防士

法華経に聴くまでも無く
末法の生命は濁っている

それを唱題しながら
清めてゆく作業

今日の私も
明日の同志も

今日も火宅で消火作業をしている
宇宙レベルの
永遠の
消防士
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日という日

2012-07-20 17:00:08 | Weblog
冷たい雨の降った 一日も終わり
時は夕刻へと流れ込んでゆく

照明を点けない部屋は
徐々に暗くなり
書物も読みにくくなる

君よ かけがえのない一日が終わるのだ
全宇宙に共通の「時」は待たない

今日が終わるのだ
空が薄暗くなってくる
街は夕闇に包まれて
ちらほら街灯が点り始めている

足早に帰宅する人々の靴音

今日のノートに目を落とすと
幾らかの詩文が新たに加わる

これを自負として 今日の満足として
神々に感謝しつつ 夕刻の祈りを始めよう

空は暗く

街に明かり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩歌への志

2012-07-20 15:24:45 | Weblog
詩文に志を立てて
書き続ける 友よ

多くの模倣者を生む人気詩人
個性そのものの文体の詩人
言い切る能力に長けた詩人

詩歌集を紐解けば
多くの詩人の戦の痕跡

それらをまるで堆積物のように
読み返す我ら

消えてゆく詩人
コンプレックスをばねに変え
伸びようとする若者

人それぞれ
それぞれの人生に

詩文が飾り付けられて
今日一日を
明るく照らす
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨ふり

2012-07-20 14:10:22 | Weblog
雨の激しいい午後
夏掛けを巻きつけて
横になり雨の音を聞く

後眠の街が目覚めそうな雨脚に
私は静かに息をひそめ
一日を夢見ている

一日を布団に包まれて
回想してみる

長い一日が起伏なく続き
私は詩を綴り
一点の色彩を時間の中に加える

今日は雨ふりで
とじこもり

雨の音が
詩文をせっつく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

午後4時のスコール

2012-07-19 16:24:52 | Weblog
午後4時
大粒の雨が降ってくる
南国のスコールを思わせて

雲は低く垂れ込めて
泣きそうな色合いだ

こうして見あきない 空
流れてゆく白い黒い 雲

腕をいっぱい広げて
抱きしめたい この空

なにを語るのだろうか
南国の親子のちょっとしたいさかい
愛し合う二人の会話
父と母と私

南国のスコールのような日に
心は遠く南へ飛び去って
街々を放浪している
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012-07-18 08:32:13 | Weblog
風の音の絶えた空
灰の色調が支配して
輪廻の記憶を呼び覚ます
ヒタと止まった風

静かな空の日
私は海 守り人
遠く見晴らす水平線
入道雲を追って
一日見詰めた 少年

海水浴をしながら
海風のゆくえを追うにも風は無い
浜を思い出の夏が浜昼顔が
私を見詰めながら
通り過ぎてゆく海辺

陽光に当たった体が
こんがり焼き上がり
太陽が100倍

会話の途絶えた空と海
凪の静けさに

体を横たえて
砂粒を手に取り
会話した
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の昼ご飯

2012-07-17 11:24:55 | Weblog
昨日の味噌汁の残りに
冷やご飯を入れて
卵を割りいれ

おじやを作ったよ

汗かくから 塩辛めの味噌汁に
大根の千切りを入れた汁
卵黄の黄の眩しい
卵を割りいれたよ

こんな暑い日は
湯気の出るほどのおじや

食べていると汗が噴き出す
いつのまにか暑さが消えている

茶碗から一口一口スプーンで
丁寧に食する

米から卵から大根から大豆から塩から
命を譲り受けるように…

しっかり食べてね

命は命に道を譲るから 食する

私は今日も食べて
拙い詩文を書く
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花園に流れる

2012-07-17 10:08:58 | Weblog
感動のあまり
俺を心の底から
泣かす曲がある

「生きていて良いんだよ」!
「そう それで正しいんだ」!
「よし!やろう」!

感動のあまり
何度も聴きなおす曲

この炎天下
太陽が100倍
建物の影が濃く見えて

春の花園が見えて

貴方と花を摘む
王冠を作るため

花を心をこめて集めていて

微笑む
そこにもあの曲は口ずさまれている

花園を埋める
音のエーテルとその色彩

蜜蜂のように花に戯れて
広野の夢を織っている
コメント
この記事をはてなブックマークに追加