詩人の血

今日も作詩、明日もまた、本格詩人のブログ。

新しき三寒四温

2011-02-28 09:01:55 | Weblog
ゆっくりと春が寄り添う河原に歩む二人は胸に風受け


風揺らすピンクの昼に書を閉じて向う大空に雲の城あり


溶けてゆく体などあり春風に桜の幹に弾ける血を塗る


灰一色空を見上げて氷る雨 燃える情熱 詩は志


かがり火が氷雨の夜を照らし見せ娑婆の髑髏に妙法で立つ


雨音に冷気吸い込み濡れたまま祈りの宮はベランダの軒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

陽光の強さ

2011-02-26 17:57:10 | Weblog
光線の圧力受けて地に落ちる己の影に陽炎の翼


いきどおる力を審美に変換し調べ聴こえる都市は輝く


早春の日除けを降ろすウインドウ一輪挿しの水の記憶は


天地立て突き通す抒情の意志持て大海グラスに注ぐ音する
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滑空都市

2011-02-26 10:48:37 | Weblog
大きな風が都市を滑空させて連れていって遠い場所へ


幹老いて白梅仄かに薫る朝空は語り部恋のさざめき


秒針が部屋を埋め尽くしても魂の流れはとくとく続く
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雑詠3首

2011-02-25 08:48:14 | Weblog
銀河の下でCD再生 灯を点しソファーに沈んだ夕陽もあり


血の通う言葉選んでつぶやいて一人道行く春も零れる


脊柱に住んでいる蛇くねらせて暗黒舞踏家花を摘む
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沈黙の後に

2011-02-24 16:29:01 | Weblog
真夜中に地球の裏側で昇る太陽を追う夢を見る


神 真剣に祈って あなたが与えたのは鳥インフルエンザ


法華経の夢で目覚めて月明かりこの身一つで読み啓く


人間の進化喜んでくれぬ神にショック受けている


聖書に隠された時限装置作動サセ無イ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜 満ちて

2011-02-20 20:11:36 | Weblog
光 集めて少しずつ放出する


光積み重ねる星で銀河の屋根の下


雨が降り街が光って明日作る


怒りのおさめ方知らず不器用に靴紐結ぶ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

骨アイドル

2011-02-15 08:40:25 | Weblog
アイドルや骨壷おまけに付いてくる


墓場でも踊り続けてアイドルは


アイドルの骨の臭いを嗅いでみて
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真夜中のパーティー

2011-02-15 00:15:18 | Weblog
新しいデタラメ管と与謝野に言わせてみろよ官僚


アイドルでガス抜きしねえと民衆ハ暴走するぞ


小沢より役人の不正蓄財 告発セヨ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

矛盾必定

2011-02-14 15:31:23 | Weblog
論理的矛盾より感情・感性の解放を優先スル


絶対自由 書き続ける意志は光の爆発


感情エーテルの流れるまま書き拾い矛盾また良シ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エレミヤ書 9章 ユダの堕落

2011-02-14 09:02:38 | Weblog
主は言われる。「それは、彼らに与えた私の教えを彼らが捨てて、

私の声に聞き従わず、それによって歩むことをしなかったからだ」

 彼らはかたくなな心に従い、また先祖が彼らに教えたようにバアルに

従って歩んだ。それゆえ、イスラエルの神、万軍の主は言われる。

「見よ、私はこの民にニガヨモギを食べさせ、毒の水を飲ませる。

彼らを、彼ら自身も祖先も知らなかった国々の中に散らし、その後から

剣を送って彼らを滅ぼしつくす。




*維新以降100年キリスト教を布教しても信者は1%。

*バールを神道と読み替えて…

*国々の中に散らすとは輪廻転生で

再度日本人に受胎しない事も含まれる。

一代で移民よりも輪廻で散らされる!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜に想う

2011-02-12 20:49:28 | Weblog
股裂きの刑 日本国 中国・ロシアが不条理を責めている


研ぎ澄まし霊界の山登る時地獄の谷は遥かに下方


夜 静かに見つめる手の甲の皺一つ一つにイクサ始まったばかりダ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神の園

2011-02-12 13:58:03 | Weblog
神の園で永遠に遊ぶ子供昼ばかりなり


神のサンダルの紐解けていて積木遊びの手を休め


光あふれて神の園小さな手と手が結ばれて


神の座に首傾げつつ座る父面影深く心に刻む
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エジプトを日本と読み替えて

2011-02-10 15:43:28 | Weblog
イザヤ書19章 エジプトの審判

諸州の長はエジプトをよろめかせた

主は、彼らの間に迷わす霊を注がれた。

彼らはエジプトをよろめかせ

エジプトが何をするときでも

酒飲みが吐くときのように、よろめかせた。

もはやエジプトは、だれも何もなしえない。

頭であれ尾であれ

しゅろの枝であれ葦の茎であれ。


その日には、エジプトは女のように弱くなり、

万軍の主が振りかざされる御手に恐れおののく。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

検察的ストーリー

2011-02-10 08:43:39 | Weblog
神に祈り俺の目で見た真実を言い続ける真理は相対へと消えて行く


神に基づく真理言って名誉棄損で告発されて殉教者


太陽の輝きが増すだけ増してこの終末に夕焼けだけが美しい


報道管制ひかれてる太陽フレアもの凄いはず


小賢しい悪意に晒されて挙げられたキリスト受難を偲ぶ


神の声こそ聞こえないが共にある事わかる太陽が昇るよ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雑詠3首

2011-02-09 15:50:50 | Weblog
権力の太鼓持ちタル文芸誌 子飼い文士の物語は口に甘い


補陀落渡海の朝 晴れ上がった空 グレイトフルデッド流ル


文芸に自由を見続けてイル少年の瞳が潤んでイル鏡を
コメント
この記事をはてなブックマークに追加